それがるうるの支配魔術 Game5:キングメーカー・トラップ (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : さくらねこ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.58
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003930

作品紹介・あらすじ

二学期が始まったばかりの欧文研のもとを、OGの月城舞花が訪れる。るうるの兄・繋と同級生であり、欧文研の創立メンバーでもある舞花の昔話に喜ぶるうるたち。しかし、話の中の違和感に気づいたタマキは、部室に仕掛けられた魔術を見破り、隠されていた数列を発見する。それは繋がるうるへ宛てたメッセージだった!数列はとあるテーマパークを示しており、欧文研メンバーと舞花はそこに向かうのだが!?シリーズ驚愕の展開へ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9784041003930 253p 2012・9・1 初版

  • いよいよ核心に。そしてレイニー止め。今回は謎解きよりも話の展開がメイン。

  • 相変わらずマスコットじみたるうるも可愛らしいが、今回はお化け屋敷の言乃さんがMVPでしょう。キャラとしては私的には小春さん推しなんだがなぁ。そんないつもと同じように連続する謎解きを楽しんでたら最後の強烈な引きで雰囲気が一変。続きはよ。

  • ありえない引きをやってくれたとしか言えない。ここで待たされるのか。今回は謎解きそして丸の思考ばかりで、実質的に物語は何も無いに等しいので、そういう意味では減点。クライマックスの直前なんてドラマパートではないと言われれば返す言葉もありませんが。
    閑話休題、僕の主観で言うとるうるは考え無しの行動が多く我が侭で保護対象として幼児に抱く様な可愛さこそ感じても、女性の魅力は感じない。余程言乃の方が好み。丸がるうるに惹かれるのに違和感を覚えていたが、この巻で納得した。アレではしょうがない。選択の余地無いがない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家、ゲームデザイナー。SE、ゲームプランナーを経て、2008年『放課後の魔術師(メイガス)』(角川スニーカー文庫)にてデビュー。他の作品に『それがるうるの支配魔術(イレギュラー)』(同)、監訳書に『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』(著:フェリシア・ハジラ=リー、星海社)、ノベライズ担当作に『那由多の軌跡』(原案:日本ファルコム、星海社FICTIONS)、シナリオ一部担当作に『STEINS;GATE 0』(MAGES.)などがある。
Twitter ID: @t_tutiya

「2016年 『イングレス エージェント・ストーリーズ 01』 で使われていた紹介文から引用しています。」

それがるうるの支配魔術 Game5:キングメーカー・トラップ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

土屋つかさの作品

それがるうるの支配魔術 Game5:キングメーカー・トラップ (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする