狐と乙女の大正恋日記 貴方、歌劇場に憑いてます? (角川ビーンズ文庫)

著者 : 月本ナシオ
制作 : Ciel 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年7月31日発売)
3.41
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004098

作品紹介

帝都の大財閥赤枝家で、ワケあり4兄弟と一つ屋根の下で暮らす佳乃子。初恋相手の末っ子、冬馬と歓楽街・浅草の歌劇場で初デート、とはいかず、謎の「切り風」事件が発生!この事件で、役者にけが人が続出し、親友の小夜が応援する男女逆転劇団の舞台に穴があきそうになる。必死の小夜に押され、男装した佳乃子と、なぜか冬馬までもが女装して舞台に上がることになり!?ものけ憑いても、恋せよ乙女!大注目の第2弾。

狐と乙女の大正恋日記 貴方、歌劇場に憑いてます? (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ2作目

  • 2巻目。鎌鼬が起こす事件がメインです。
    やっぱり表紙の冬馬は九尾の方ですかね。

    かっこいいのになんか影が薄い冬馬と意外としっかりものの佳乃子だと、佳乃子の方が主導なんですよねぇ。これが九尾に乗っ取られた冬馬と佳乃子だと、佳乃子が九尾に翻弄されちゃって、九尾と佳乃子のいちゃつきがもっと見たいって思ってしまう私がいます。

    今回、冬馬が女装してるんですけど、あのイラストはちょっとなぁ・・・。文章ではきれいなはずなんですけど、どう見てもコメディにしか見えないです。ちゃんとした美しい冬馬の姿にして欲しかったです。

    あと事件の犯人のイナサと真知花ちゃんののイラストも見たかったです。
    次巻では是非。

    冬馬と九尾の契約が4つ目になってしまったんですけど、このままだとあと5巻くらいで完結なんでしょうか。最後がやっぱり気になります。

全2件中 1 - 2件を表示

月本ナシオの作品

狐と乙女の大正恋日記 貴方、歌劇場に憑いてます? (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする