女神と棺の手帳 (角川ビーンズ文庫)

  • 175人登録
  • 3.50評価
    • (10)
    • (37)
    • (30)
    • (9)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 文野あかね
制作 : 高星 麻子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004104

作品紹介

軍が強大な力を誇るウェスハバート王国。史上初の女性医師を目指すケイトは、最難関の王立大学に入ろうと猛勉強中。だが突如、先の大戦で「英雄」と名高いイーノット少佐率いる部隊に、身柄を押さえられてしまう。彼らに、親友イライザが軍内部の機密を記した"棺の手帳"と共に行方不明だと知らされ、最後の目撃者ケイトは、大嫌いな軍人達と手を組むことに…!?第10回小説大賞、読者賞受賞作。

女神と棺の手帳 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私がなぜこの小説を買ったかというと、ただたんにイラストの高星先生がめあてだっただけです。
    表紙絵がすてきでした。もちろん挿絵もすてきです。

    さて、本書の内容ですが、一言でいうと物足りないですかね。
    第10回角川ビーンズ大賞の読者賞受賞作品の加筆修正版だったと思います。買って当日の晩に読み終わってしまいました。
    比較的読みやすい内容、文章だと思います。ただ、もう少し登場人物について掘り下げてほしかった。文庫一冊分でそこまで期待するべきではないとは思うのですが、人物の心情描写について「え?」と思うことが何度かありました。心が変わってしまうのが早いような気がしました。でも、話の展開上はまあそんなもんかなと思ったりもします。
    個人的になんですが、ラブ要素がもう少し欲しかったかなーという感じです。ラブがあったんですが、なんかうっすい。もう少しわかりやすいラブな感じが欲しいです。ヒーローはヒロインのこと好きなの?本編後の二人はどうなるの?という後味。
    私の中では中間よりちょっと下くらいの評価です。

  • 2017/8/14読了。
    イラストが大好きな高星麻子さんだったので思わず手に取りました。初読み作家さんのデビュー作品のようですが、思っていた以上に面白かったです。ケイトとイーノットの今後が気になります。

  • タイトルに惹かれて手にとってみた。
    デビュー作のようなので、今後に期待。読みやすい。

    顔良し、頭良し、体良し、市民を守るという態度良し、の軍人さん達を楽しめる。アクションシーンで、ヒロインが相手役の少佐に庇われるところはちょっとドキドキするけど、少佐がヒロインに魅かれる理由がよくわからないので、イマイチのめり込めない。
    一番の萌えポイントは、少佐の軍服正装。少女小説としては、物足りない。

  • ストーリー ★★★★☆
    糖度    ★★☆☆☆
    今後期待度 ★★★★☆

    ケイトは親友から、ある物を託される。
    親友はそのまま、失踪してしまった。
    その日から、ケイトは命を狙われることになり、軍の保護下に置かれることになるが…

    シリーズ物の第一巻。
    まだ序章と言えるので、ラブストーリーとしての甘さは控えめです。
    女性初の医師を目指すケイトと、英雄軍人のイーノットの恋の行方が、気になるところ。
    とは言え、二人がどのように惹かれ合ったかの経緯は、分かりにくいですが…
    その他の軍部の人間も、豊かな魅力を持って描かれています。

  • 4巻まで読了。
    主人公がまだまだ未熟ながらも芯が強く、はっきりとものが言える子で好感が持てました。
    主人公が訪れる場所で必ず事件が起きて、そこに必ず少佐がいるのはお約束か。
    主人公が頑張っている所を直接少佐が見てない事が多いので、少佐が主人公を好きになる理由が薄いような気がします。

  • 2013年読了

  • ヒロインのクールなのに夢に対してはとても熱い頑張り屋なところが好き。男性キャラは多いし階級呼びだったりバラバラだし、誰が誰だか良くわからなかった。

  • 1~6巻

  • おもしろかった。

    ケイトに共感できる部分が多くて物語に入りやすいと思う。
    イーノットがいつケイトに惹かれたのか全く分からなかったけど
    二人の恋愛が今後どうなるのか見てみたいと思った。

  • 面白かったです。

    主人公と青年のやり取りが微笑ましい。遠くで二人を見守っていてあげたいような、そんな気持ちになりました。

    が、構成はちょっとわかりやすすぎて先が読めてしまいます。これはこれでいいのかもしれないけれど、もう少し違う展開とかにしてもよかったのではないかなぁと、、個人的には思いました。

全27件中 1 - 10件を表示

女神と棺の手帳 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

文野あかねの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女神と棺の手帳 (角川ビーンズ文庫)に関連する談話室の質問

女神と棺の手帳 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする