人生論 (角川文庫)

  • 角川書店
3.36
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 愛、意志、謙虚、健康等がテーマの人生論。
    常に健康であれ。健康は生きる上で必要条件。
    愛がなければ人生は無味乾燥
    お金があれば幸せ、なければ不幸ではない。
    悪い心にブレーキをかけるだけでなく、善い心のアクセルを踏むことも理性の働き。

  •  多くの思想家が著している「人生論」のなかでも屈指の名作。小説と比べて少々お説教っぽさがあるものの、人間の善意を信じる著者の思想がよくわかる。もちろん小説家なので、学者が書く人生論のような緻密な論理性はないが、スルスルと文字列を追える文体はとても読みやすい。

     理想主義者ではあるのだが、ところどころに世間に対するニヒリズムも垣間見えるのはやはり教養人。不安の種として最も巨大な「死」についての考察は西洋のそれと比べてうっすらとした明るさを感じる。「性欲」についての見解は時代背景もあってか赤裸々さに欠けるが、無難な完結性がある。

     古書店で見つけた本書は現在書店で並んでいる武者小路版人生論と比べて少々ボリューム感に欠けるが、「続人生論」も収録されており、これは全集以外ではなかなか読めないように思う。

  • 同じことの繰り返しなんじゃないかということはあるけれど、
    人間の不条理は自己実現のための試練という捉え方。
    人間は自然に生かされていることを強く芯に持とうと思う。
    「真に自分を生かすのは自己の完成と同時に、他人の自己完成に役立つ人」
    「人々があたりまえと思う感情は、自然の意志の働きによる」
    「道徳は、人類が正しき姿で、前進することを命令するために、人間に与えられたもの」
    「他人を責めすぎる者は、多くの無反省の不徳漢。反省力のある不徳男は、他人より自分の方が罪の多いことを知る。そして自分を少しでもよくしようと改善、親切、克己する」
    「人間は自分でいちいち経験しなければならないほどの馬鹿でない。他人の経験したことを、自分のものにする能力がある。そのための対話」
    「自分の仕事、時間、生命を大切にするのは、甘やかすということでない」
    「他人の思惑を考えて、自分をよくしようとするのはつまらないこと」

  • 武者小路実篤を読んだのは、高校の時の理科の先生が武者(略)の孫だったから。しかし読んでみると「人間はこの世に理屈をこねに来たのではない。われらはこの世に生きるために来たのだ」と、理屈をこねくりまわしがちな年齢だったわたしをふっと現実に引き戻すようなシンプルな思想がそこに。これはけっこういい出会いだった本かと。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)
1885年5月12日 - 1976年4月9日
東京府東京市麹町区(現・千代田区)生まれの小説家・詩人・劇作家・画家。ある時から「むしゃこうじ」と当人が自称しているが、一般的に「むしゃのこうじ」読みされている。学習院初等科~高等学科に在学し、東京帝国大学哲学科社会学に入学したが、入学初年で中退。創作活動をはじめ、1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。これにちなみ、彼らは「白樺派」と呼称される。
1918年宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設。その後も多くの創作活動に勤しんだ。1951年、文化勲章を受章。1976年4月9日、尿毒症で逝去。
代表作に、『お目出たき人』『わしも知らない』『幸福者』『友情』『人間万歳』『愛と死』『真理先生』など。

人生論 (角川文庫)のその他の作品

人生論 (潮文社新書)の詳細を見る 新書 人生論 (潮文社新書) 武者小路実篤
人生論 (上下巻セット)の詳細を見る 単行本 人生論 (上下巻セット) 武者小路実篤
人生論〈下巻〉 単行本 人生論〈下巻〉 武者小路実篤

武者小路実篤の作品

ツイートする