あやかし江戸物語 桜の下で誓う愛! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 音中 さわき 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004593

作品紹介・あらすじ

「みこ、お前を愛している。初めて会った時からずっと…」百獣国・江戸。ついに異国との戦が始まってしまった。敵の攻撃に遭い深い眠りの中にいる歌舞伎役者・二海の敵を討つため、国を守るため、決死の戦に挑む徳川三代将軍・家密は、出陣の前にみこに自分の想いを告げようとする。一方、未だ目覚めぬ二海を前に、みこは身を挺して神通力を取り戻すことを決意して-!?絡み合う一途な想い。愛と決意-。感涙の完結巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終巻です。
    面白かった。
    作者さんが後書きで書いていましたが、これで終わりではなくていまごろこのキャラたちはって考えるのもすてきだと思いました。
    私は主人公たちも好きでしたが、へんな性格で無駄に顔は良さげな蛇の空さんがお気に入りで。メインキャラだけじゃなくサブキャラ?たちの今後も思い描くと楽しいです。

  • 二海よりも家密よりもみこが大活躍の最終巻。

    自分にとって何が一番大切かを認識したみこは、失った力を取り戻すために重大な決心を。

    山にこもっていたら、憎しみや怒りなど負の感情は知らずにいられたかもしれないが、人を真剣に愛する気持ちも知ることはなかっただろう。
    つらいこともあったけれど、やはり山を降りてよかったと最後にみこが実感できてよかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

熊本県在住。「アラバーナの冒険者達」で第4回ビーンズ小説大賞の奨励賞を受賞。同シリーズは全10巻まで刊行。その他に「あやかし江戸物語」全6巻、「白桜四神」全10巻がある。

「2018年 『後宮香妃物語 偽りの花嫁と秘めたる心』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あやかし江戸物語 桜の下で誓う愛! (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

伊藤たつきの作品

ツイートする