サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR II second (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.14
  • (5)
  • (8)
  • (21)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 147
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サイボーグ009完結編の二作目。本作もメンバーエピソードの続き。005~009を収録。firstで感じた思いが拭い去れない。エピソードにキャラクタがうまく溶け込んでいない。その上読みにくい。同じような話を9本も読むのは辛いものだ。その上、作者を登場させるメタ手法は意図はわかるが少し陳腐に感じてしまう。ここまで読むのでかなり息切れが・・・。人のアイディアで書くほうもしんどかったと思うが、読むほうにもそのしんどさが伝わってはねぇ。やはり印象は変わらずいまいち。

  • 遺稿も創作メモも無いため、「完全オリジナル」な章が一番面白かった!と言うちょっと残念な結果に。
    思い入れのある009ファン、石ノ森ファンのために、あえて継ぎ接ぎちっくな作りにしてるみたいなので、単純に小説としてのレベルは高いとは言えない。最終巻の盛り上がりに期待か。

    しかし、まさか長男が書いてるとは…。Wikipediaで調べるまで分からんかった。徹底してるな…

  • 石ノ森先生は本当にこんな内容の漫画を子供向けの雑誌に連載しようと思っていたのだろうか。だとしたら嫌だなあ。009が単なる子供向け漫画ではないということはわかっているけどもうこれ子供に読ませる内容じゃないだろ、みたいな。

  • 「Ⅰ」は「ファンでないと最後まで読むのがつらそう」ってこと書いたけど、「Ⅱ」はファンの僕であっても、かなりつらかった。。。

  • 勢いで読みました。

  • 文章の下手な訳が判りました。あとがきに書いてますが、石ノ森氏の残した文章をなるべくそのまま使っています、との事。ってあんた石ノ森氏は漫画化前提で書いてるんじゃないの?
    007だけ遺稿が無かったとの事で、皮肉な事にこの章が一番読み易かったですわ。
    だいたい銃撃戦を「ガッ、ガッガガガ。タララ・・・。ダーンダーン。」って書く小説家がいます?
    これは小説じゃないです。漫画の文章化です。
    でも続きが気になるので次も読みます!

  • 005~009まで、それぞれが主人公の物語をギルモアとの不思議な対話ではさむ構成でした。

    うすいスープに溶けそうになっている具を探す感じ??

  • 正直、読むのがしんどい…そしてこれを飛ばして3巻を読んでも特に問題はなかったという…

  • 1巻もそうだったけど、読みにくいなぁ、009はやっぱり映像作品なのだなぁ。これでは小説化ではなく単なる文章化では?絵コンテではなく文コンテって感じる。ブリテンの章は他の章に比べて読み易かったけど。
    石ノ森章太郎の遺稿の書籍化、は意味のある事だと思うけど、小説としては評価しづらい。
    引き続き3巻も読むつもりだけど、ちょっと読むのにパワーがいる。

  • 007の章は、作者がタイトルしか残していなかったので、丸々著者のオリジナルだそうだけど、全体のバランスも取れていたし、原作にも時々あったホラーっぽい雰囲気もあって良かったと思う。
    ただ、尋常ではない、残酷な事件が起こった時、その場に居た人が全員「神に違いない」とは思わないんじゃないかと。
    他にも、この物語が神との闘いであるっていう前提あってこその部分がチラチラあって、そこがどうも引っ掛かる。

全20件中 1 - 10件を表示

プロフィール

『サイボーグ009』のほか、『人造人間キカイダー』『佐武と市捕物控』『HOTEL』『マンガ日本経済入門』『幻魔大戦(原作:平井和正)』など、あらゆるジャンルの膨大な作品を描き、「漫画の王様」と称された巨匠。その作品の多くがアニメ化・実写化された。『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』といった特撮シリーズの生みの親でもある。1998年死去。

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR II second (角川文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR II second (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする