君が泣くなら最後まで (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.90
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004746

作品紹介・あらすじ

佐内朋貴、19歳。引きこもりの朋貴にとって、若き家庭教師・梨乃は唯一の救いだった。ある日、衝動を抑えきれず梨乃を押し倒そうとした朋貴はあっさりと反撃にあい、彼女の目の前で自慰を強要される。恥ずかしくて死にそうだったのも束の間、やがてやみつきの快感を覚え、朋貴は性の奴隷となってゆく。淫らな梨乃の登場で、一見平和だった佐内家は軋み始め、破滅へと突き進む。オリジナル官能シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 性愛に溺れ、崩壊する家族のさまを描くシリーズ第3弾。
    前2作が未読のため、朋貴の両親がなぜこんなにも堕ちてしまったのかわからないが、梨乃の小悪魔ぶり全開の様子は怖すぎる。
    にっかつロマンポルノなら、小田かおるが梨乃役か。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    佐内朋貴、19歳。引きこもりの朋貴にとって、若き家庭教師・梨乃は唯一の救いだった。ある日、衝動を抑えきれず梨乃を押し倒そうとした朋貴はあっさりと反撃にあい、彼女の目の前で自慰を強要される。恥ずかしくて死にそうだったのも束の間、やがてやみつきの快感を覚え、朋貴は性の奴隷となってゆく。淫らな梨乃の登場で、一見平和だった佐内家は軋み始め、破滅へと突き進む。オリジナル官能シリーズ第3弾。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2010年日本官能文庫大賞を受賞したもっとも旬の官能作家。1967年東京生まれ。日本大学芸術学部中退。04年に『ふしだら天使』(双葉文庫)で登場するや、濃密な濡れ場と巧みな物語構成でたちまち読者の支持を獲得、雑誌新聞連載でも大活躍中。2010年『どうしようもない恋の唄』(祥伝社文庫)で、官能文庫大賞を受賞。2015年刊行の近著、『黒闇』は人間の「性と生」を描いた暗黒の恋愛小説として、多くの書評家、書店員から高い評価を得た。

「2018年 『みだれ人妻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

君が泣くなら最後まで (角川文庫)のその他の作品

草凪優の作品

ツイートする