壺霊 下 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.37
  • (4)
  • (6)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高価な高麗青磁の壺とともに失踪した老舗骨董店の若夫人。その壷に“紫式部”と名付けた男は、7年前に変死を遂げていた。壷に魅せられた男女に降りかかる数々の災厄。紅葉の京都を舞台に、名探偵・浅見光彦が蠱惑の壷を巡る事件の謎を解き明かす。

  • 関係者が大勢出てきた中盤は面白いと思ったが最後は拍子抜け。内田康夫作品を初めて読んだが、また読みたいとは思えなかった。

  • TVドラマを見て、読んでみた本。
    まるっきり違うけど、画像が浮かんで読みやすかった。
    どちらもよかった。

  • え~犯人はそこ???みたいな(笑)
    文庫本上巻のあれやこれやは一体なんだったの・・・
    いやいや、これが内田作品だと分かっていますが(笑)
    松原通り、ここが昔の清水参りコースと
    みんなが清水道のバス停から歩いているのに
    自分は友達と延々歩いたのを思い出します。
    しかし京都は面白い!
    光彦さんも同じ気持ちかな???
    ・・・また、京都に行きたくなってしまった・・・・・

  • 【壺霊 上、下】 内田康夫さん

    京都高島屋七階に出来た、全国の有名店が軒を連ねる「ダイニングガーデン京回廊」。
    光彦は、「旅と歴史」の企画で、この京回廊のグルメレポートを書くコトになった。
    京都へ行くことになった光彦に兄の陽一郎が依頼を持ちかけてきた。
    京都の老舗骨董店「正雲堂」で警察沙汰にしたくないイザコザが起こっているらしい。
    正雲堂社長の依頼で、是非光彦の知恵を借りたいというものであった。
    光彦は仕方なく正雲堂を訪れる。
    そこで光彦を出迎えたのは社長の伊丹大吉と孫娘の千寿であった。
    彼らの依頼は失踪した千寿の母親と、その母親が持ち出したであろう高麗青磁の壺を
    探して欲しいというものであった。
    千寿の母・佳奈は夫である伊丹勝男が不倫をし、それが理由で家出をしたらしい。
    唯一の手がかりは縁切りの神様、安井の金毘羅さんに貼られてあった
    佳奈と勝男を別れさせて欲しいという形代だけであった。
    気乗りのしない光彦であったが、千寿に連れまわされ調査を進める内に
    七年前に起こった死亡事故に関連がありそうだと感じるようになってきた。
    死亡したのはこの度母親の佳奈が持ち出した高麗青磁の壺に「紫式部」と
    命名した古美術商、そしてその古美術商の死は病死として処理されていた。



    この本は京都を舞台に書かれています。
    町並みの書かれているくだりも多く、京都住まい、もしくは京都で学生時代を
    過ごした人なら、物語の情景がリアルにイメージできて、より面白いだろうと思います。

     

  • 推理小説の筋書きを脇において、京都の町案内書として、興味深く読んだ。「ダイニングガーデン京回廊」「瓢亭」「菊乃井」「イノダコーヒー」他、さまざまな京の食事処、あるいは保津川下り、木屋町通り、鴨川べり、等々読むほどに、どれも食欲をそそる、あるいは訪れたくなる気にさせる、格好の京都案内書とよんでもいい。

  • 浅見探偵が行き当りばったりで手掛かりに遭遇するといういつものパターンとは違って、ずいぶんあれこれ遠回りして、あげくの果ての犯人も、意外と言えばそうなのかもしれないが、犯人の動機に重みがないというか、情念が伝わってこない。

    謎のスポンサーも取ってつけたような落とし前。無理やりの怨念(京都の女は怖い)話しだったかな?の感。

    (2012/12/20)

  • イノダコーヒー本店行ってみようっと!

  • 10月11日~17日

    高価な高麗青磁の壺とともに失踪した老舗骨董店の若夫人。その壷に“紫式部”と名付けた男は、7年前に変死を遂げていた。壷に魅せられた男女に降りかかる数々の災厄。紅葉の京都を舞台に、名探偵・浅見光彦が蠱惑の壷を巡る事件の謎を解き明かす!巻末には著者による書き下ろし自作解説と、京都生まれ京都育ちのイラストレーター・小林由枝によるカラーイラスト舞台探訪記「京都空想迷路―浅見光彦と歩く」を収録。

  • 浅見光彦シリーズ

    平成24年9月25日 初版発行 

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

内田 康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 – 2018年3月13日)
東京府東京市滝野川区(現・東京都北区)に生まれる。長野市出身の父の実家が戦災で被害を受けたため、長野市から戸隠山麓の村、秋田県羽後町、雄勝町、埼玉県、静岡県沼津市、秋田県秋の宮などに移り住む。
埼玉県立川越高等学校、東洋大学文学部国文学科中退。コピーライターや広告製作会社の社長を経て、小説を書く。1980年『死者の木霊』、1981年『本因坊殺人事件』を栄光出版社(当時。現在は別の出版社から刊行)から自費出版。3000部刊行の前者『死者の木霊』が朝日新聞書評で紹介されたことを機に、作家デビュー。1982年刊行された『後鳥羽伝説殺人事件』が商業デビュー作となり、ここで名探偵浅見光彦が誕生。浅見光彦が登場する作品は116事件。累計で約9700万部を発行、映画やドラマ化もされて人気を博した。推理・ミステリー小説だけでなく、随筆やファンタジーなども手がけた。2008年、日本ミステリー大賞を受賞。
2015年7月26日脳梗塞が見つかったために入院し、毎日新聞で連載していた浅見光彦シリーズ「孤道」は2015年8月12日で終了。後遺症の左半身麻痺のため2017年3月に作家活動を休止、『孤道』執筆分がまとめて刊行された。加えて中断された物語の結末を一般公募し、最優秀作を「完結編」として刊行するという、毎日新聞出版、毎日新聞社、講談社、内田康夫財団連名による「内田康夫『孤道』完結プロジェクト」が広く話題となった。募集は2018年4月まで行われた。募集期間中の3月13日、敗血症のため83歳で逝去。
完結プロジェクト最優秀賞は和久井清水さん「孤道 我れ言挙げす」に決定。2019年春に講談社から刊行予定。

壺霊 下 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

壺霊 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする