恋人召喚 お前が俺の鞘になれ (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 桜城 やや 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.13
  • (1)
  • (4)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005484

作品紹介・あらすじ

祖父の遺品整理をしていた最中、古びた剣を抜いてしまった予備校生の鉤原ツバサ。すると、突然剣から謎の男・ユノクが現れ「契約は成立した。鞘として、その身を捧げよ」と言い出し、ツバサは強引に抱かれてしまう。それ以来、ユノクに力を与える「鞘」の役目を担うハメになったツバサは、「影」と呼ばれる異形のものに命を狙われることに。「影」と戦う度、ユノクとHをして精力補給をしなければならなくなってしまったツバサ。最初は嫌々従っていたけど、傲慢なくせに命懸けで自分を守ってくれるユノクが気になりはじめ!?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルビー文庫さんでファンタジー。
    珍しくてファンタジー買いしました♪
    受が剣の鞘になってしまう設定に個性があり、攻のエネルギー回復のためにはエッチで生気を吸収(≧∇≦*) 
    後半は互いに想い合っているのにすれ違い、まさかの展開でしたがラストはハッピーエンド♪
    ファンタジー好きな方は楽しめる作品です♥

  • 成宮さん初のファンタジー作品でしたか。。書きたいことをギュッと詰め込んだ感じがするお話でした。

  • 人外もの。神様なのかな?
    刀に宿ったユノクと巻き込まれて鞘にされてしまったツバサ。きっかけはツバサがユノクの鞘を壊してしまったこと。それで影に狙われることになったツバサを守るユノクの話ではあるけど、ユノクはとってもドライ。ツバサは知らず知らずに魅かれていくんだけど、ユノクの気持ちはとってもわかりにくいです。
    最後はもちろんハッピーエンドv

  • ★3・4
    設定がややこしいし、色々詰め込みすぎててなんか消化不良(苦笑)単純なファンタジーじゃないのは面白いけど、凝りすぎな感じがする。正直よくわからなかった(汗)ラブ度もわかりにくいし足りない。エロは満載だったけど(笑)成宮さんはやっぱり現代的なお話の方がいいな~。ファンタジーも新鮮ではあったけど。

全4件中 1 - 4件を表示

恋人召喚 お前が俺の鞘になれ (角川ルビー文庫)のその他の作品

成宮ゆりの作品

ツイートする