モンスター・クラーン 紅涙の弾丸 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 甘塩 コメコ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.35
  • (2)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005491

作品紹介・あらすじ

昼と夜の狭間、黄昏の住人たち-モンスター。咲夜の義兄アルベルトは、純血のヴァンピーアとの結婚を血族から迫られる。同時に人間である咲夜も血族にふさわしくないとして、ヴァンピーアの牙を受けろと言われる。不安な咲夜にアルベルトは「俺が帰るのは、いつでもお前のところだけだ」と約束をし、子どもたちへの要求に激怒したカールとともに城に向かうが!?ベルンシュタイン家を巡る罠が動き始める…吸血鬼伝説第5弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むのつらくなってきた。またクライスに関わるものが出てきてピンチになったり。咲夜の出生の秘密がと思いきや、パパ瀕死だし。ラインクルーズの最中に〜は、収録の短編でのエピソード。要とリキの話はよかった。要、大事に思われてたんだな。

  • 恭介がジーンだったら嫌だなあ、、、、
    カール心配すぎる
    リキの話は悲しい、、、けど読めて良かった
    マックス怪しすぎる
    もう人間じゃないんだろーなあ

  • 『モンスター・クラーン』シリーズ第5巻。

  • 咲夜の出生の秘密はいつわかるんだ!
    いいところで終わってしまったので、早く次巻が読みたい。

    ただ、今回はアルベルトの出番が少なかったのが残念。

  • 入荷先:八王子市立中央図書館

    急展開、とされているが実際のところはそういうわけでもない。
    というのも、主人公の生い立ち(というよりも出生直後の混乱)の整理・分類に終始し、誰がそれをバラすのか、誰がパラフレーズするのかという技術的な問題でしかないからだ。

    結城の当初プロットの加筆修正程度にとどめたという本書を見ると、初期の『少年陰陽師』を髣髴とさせる対人関係の泥臭さが作品に現実味を増し、しかし一方で「ああ、まごうことなきライトノベルですわね」と思わせるような無茶振りも健在である。

    読み手をミスリードの困惑へといざなう可能性が出てきたこのシリーズ、(読み手側の意識が)尻切れトンボにならないことだけを祈りたい。

  • おもしろくなってきた!

    最後のザビに載ってた短編に感動

  • なんという生殺し・・・!!
    次がきになって仕方がありません。

全7件中 1 - 7件を表示

モンスター・クラーン 紅涙の弾丸 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする