万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)

著者 :
制作 : 清原 紘 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.70
  • (71)
  • (178)
  • (157)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 1307
レビュー : 132
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすさはいつも通りです。
    最後の左手に指輪を嵌めるシーンは必要なのか疑問です。そんなシーンが求められているのか謎。
    活字中毒が活字を追いたい、でも頭を疲れさせたくない時に読むのに最適かもしれません。

  • いつも思うのだけどこの作者さんは恋愛表現が今ひとつだ。

  • 万能鑑定士初の短編集。面白くてもちろん一気読み。絢奈も登場し、読み応えバッチリ。次は短編集Ⅱだ。

  • 小笠原くんが頼りない感じだったのに今作ではすてきになってる!
    成長も見えるし、莉子の気持ちもちゃんと向かってるし。

    もちろん、今回描かれてる事件もおもしろくさくさく読めた。
    短編集Ⅱも読まないと。

  • 事件簿は定期的に2ヶ月で
    そして、推理劇と難事件が2ヶ月毎交互で
    と思っていたら、場つなぎなのか「攻略本」がでて…。
    次は「短編集」I、Ⅱ

    実は私は秋に引越したので、3冊積読状態で
    年末休暇に入ってからまとめ読み。
    たまには、「短編集」もいいですね。

    イレギュラーな場つなぎ(?)的存在かと思っていたら
    意外にも(?)莉子さんと小笠原さんの仲が進展。

    もう推理劇、難事件ではなくなったのかと思っていたら
    「短編集」Ⅱの最後に難事件の発売予告が!

    映画化も進行しているとのことで、楽しみにしています。

  • 短編でテンポがいいのでより読みやすい。そしてあいかわらず「○○じゃん」のしゃべり方が気に障った。あの子苦手だ。

  • 忙しくても一つずつ読めていけるから嬉しかったです。

  • サイドメニュー的な、丁度いい箸休めでしたねぇ

  • 【収録作品】第1話 凜田莉子登場/第2話 水晶に秘めし詭計/第3話 バスケットの長い旅/第4話 絵画泥棒と添乗員/第5話 長いお別れ

  • モノ好き(モノが好きな人)にはこの手のウンチクはたまらないよね。
    専門家から見たらどうかはわからんけど。

    ストーリーもなかなか凝っている。
    ただし展開が全体的にマンガチックでリアリティは少なめ。
    短編集だからかもしれないけど。

全132件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

ツイートする