ミスマルカ興国物語 エックス (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : ともぞ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.15
  • (13)
  • (14)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005835

作品紹介・あらすじ

最後の紋章調査から戻ってきたマヒロにシャルロッテが下した新たな命令は、帝都を騒がせる謎の怪盗を捕まえること。夜な夜な現れては貴族を襲うその人物は、赤い仮面を、いや、赤い仮面しか身に付けていなかったという。そんな、まさか、ヤツが帰ってきたのかっ!?その者、全ての衣を纏わず暗黒の帝都に降り立つべし-すべてのミスマルカファンに贈る、禁断(?)の物語がついに登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外伝。別に外伝である必要はないような気もする。

    基本、ギャグが占めているんだけど、何気にシリアスなテーマを抱えているという、最近見なくなったタイプの話。
    まあ、このシリーズ全体が何気にそうだし、この作者が基本、そうなんだけど。マスラヲなんか特に顕著だった気がする。

  • 全裸史に残る傑作

  • 発売日当日に手に入れたくて本屋で買ったのだけれど、レジに出す時に恥ずかしかったwなんで表紙が全裸マント+仮面の男なのよw誰だか分かるけどwゼンラーマンwひでぇw
    シリアス分を含みつつ、基本は全面的にギャグ。電車の中で読んでいたけど、笑いを堪えるのに必死だった。こいつらアホだwと思いながら読んでました。今でもゼンライオンのテーマソングが頭に浮かぶ。本当に酷いwペンデュラムじゃねーよw
    マヒロのまわりの、三姉妹やエーデルワイス等、暴力とツッコミの女性方が素敵。このノリ大好き!シャルロッテ姉様無敵!ユリカ姉無愛想可愛い!皇帝ネメシスとマヒロの罵り合いでさえ、喧嘩するほど仲が良い、に見える。
    最初から最後までアホな回でしたw楽しかったw

  • 酷いな。ライトノベルなのに表紙が全裸の男とかほんとに酷いな(笑)
    なのに中身はこれまで主人公が掲げてきた理想や主義にそっていて、最近歪みを生じさせつつあった状況に対しての最適な対処法を提示しているのだから本当に酷い

    そういやルナスから側室容認発言が出てきたけど、今後どうなるんだろう?相変わらずマヒロは恋愛感情とかおくびにも出さないから全く先が読めないのだけれど

  • 主に表紙のせいで放置してたんだけどいざ読んでみるとやはり面白い。まさかのゼンラーS。

  •  ただ単に全裸の変態男ゼンラーマンが、バカをやるドタバタギャグ話かと思いきや…
     完膚なきまでにそのゼンラーマンへと話が集約し、物語が完結するというスペクタクル!
     スゲーぜ!林トモアキ先生!!
     この衝撃と感動は、戦闘城塞マスラヲ 第5巻に勝るとも劣らない極上の一冊!!
     全裸の全裸による全裸のためのゼンラーマン!
     是非とも沢山の人に読んで欲しいっ!!

  • 漢による漢の物語、の皮を被った西洋寓話的なお話。けど相変わらず熱い! キャラも暴れていて面白かったです。最近王子のような熱いキャラがほぼ皆無で寂しい……

  • ゼンラーマンではない…だと…?!表紙からやらかしてくれたスニーカー文庫の英断には拍手を送りたい。ちょいエロな表紙のラノベを持ってレジに並ぶより苦行な気がするんだぜ…。挿絵も肌色成分多めだったのに、何だろう、この敗北感は。そんな中この変態どもをうまく絡めてきちんと話をまとめる林センセは流石やでぇ。ゼンライオンの次なる勇姿が拝めると期待しています。しかしあらためて三皇女も天魔将もいいキャラ多いなぁ。

  • 表紙が最高に買いにくい。帯があったから買えたけど…?面白かったけどね。

  • 本編もそうですがあとがきの編集さんとのやり取りが面白いです。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新潟県出身。第5回角川学園大賞にて『ばいおれんす☆まじかる!~九重第二の魔法少女』で優秀賞を受賞、同作でデビュー。著作に「お・り・が・み」「戦闘城塞マスラヲ」「レイセン」「ミスマルカ」シリーズ(全てスニーカー文庫)があり、スニーカー文庫を代表する作家の一人。

「2018年 『ヒマワリ:unUtopial World6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミスマルカ興国物語 エックス (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林トモアキの作品

ミスマルカ興国物語 エックス (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする