義兄が野獣になりました (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 北沢 きょう 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005897

作品紹介・あらすじ

見た目も仕事も冴えない平凡な会社員の幸人は、完璧超人な義兄・達哉が突然帰国すると聞いて絶望する。何でもできる達哉は、昔から幸人のコンプレックスの根源。へたに近づいて傷つきたくないと冷たくするけど、達哉は幸人の気持ちもお構いなしにベタベタ構ってきて、幸人を困惑させるのだ。そんな「優しい兄」な達哉だったが、幸人が酔って先輩にベタベタするのを見て豹変!「俺以外にあんな顔見せるな」と幸人を押し倒してきて…!?完璧超人な兄×地味弟の義兄弟同居ラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親の再婚で、兄となった達哉×弟になった幸人のカップリングです。
    過去に起きた目撃事件のせいで
    弟が兄を誤解してますが、全体的には、甘々な感じです。
    こちらの作者様のお話は、甘々な感じのお話が多く
    そこが私のツボにはまることが多いので、
    これからは作者買いをしようかなぁ~

  • 北沢きょうさんがイラストを担当していたのと他の買おうと思っていた小説と間違えて買ってしまった小説です。完璧人の義兄と特にこれといった特徴もない自分と比べられてしまったり過去にあったことを引きずって義兄を憎むようになってしまってしまって・・・・・・それなのに義兄は自分を好きだといいながら押し倒してくる・・・・・・というようなお話でした。とてもありきたりなお話だなっていう印象を持ちました。あとはもう少しヤマ場を強くして読者が驚くような展開が欲しかったなぁと思います。あとはあまりにも義兄が完璧人すぎて・・・・・・もう少しギャップというか共感を得られるようなキャラだったらよかったなと思いました。だからこそ主人公が苦戦したのかもしれませんが・・・・・・。そしてこれは完全に私の好みの話になってしまうのですが主人公が喘いでいるときの台詞に殆ど「はぁ」がなかったかのように思われます。「あぁ」は多かったのですがもっと息を息を荒げてほしいです。

  • 義兄を嫌っていた事が大きすぎて覆らなかった。溺愛物は好きなんですが。

  • 松幸さんではハズれ。いいタイトルで期待が大きかっただけに、ニヤニヤ展開と違ってハズれ感わりましな印象でした

  • 三人称受け視点

    親同士の再婚で兄弟になった達哉と幸人。
    何でもできて容姿端麗の兄が自慢で、兄も幸人を可愛がり、仲のよい兄弟だった。
    幸人が高校に入学するまでは……。

    幸人を好きすぎるあまり、つい高校生活にあれこれと口出してしまう達哉の心配や嫉妬からくる行動が幸人には伝わらないもどかしさ。
    彼女を奪われた設定はありきたりだったけど、ふたりの距離が七年の歳月を経て、深まった溝をどう修復していくのか。
    その辺りにこの作品の読ませどころを感じました。
    ラストはハッピーエンド♪

  • なんでもできる有名人だけど、行動が行き過ぎちゃう義兄×もうちょっと物事を考えろよといいたくなる弟もの。
    兄の一途さとちょっとずれた美的感覚がいいですね。

全6件中 1 - 6件を表示

松幸かほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする