檻の中 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝 (角川ルビー文庫)

著者 : 秋月こお
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年11月30日発売)
3.62
  • (3)
  • (10)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 82人登録
  • 16レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005927

作品紹介

所属事務所SMEの策略で勾留中の圭は、檻の中で静かに牙を剥いていた。醜聞という卑怯な手で自分を貶め、愛する悠季を危険な立場に置いた悪意ある敵に、どんな陰謀を使ってでも報復してみせる、と-。完結巻で描かれた圭の勾留劇を裏側から追った表題作「檻の中」の他、悠季の恩師・福山先生の杞憂を描いた「むずかしい弟子」、圭のM響での常任指揮者去就の顛末を描いた「M響三題」の三作品を収録したファン待望の外伝集がついに登場。

檻の中 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外伝です。福山先生の気持ち
    本編も良いけれどこういうサイドストーリーもいいなあとおもいます。

  • 外伝、3編。
    「むずかしい弟子」は、教師というのも大変だということがよく分かった。

  • 外伝3作品。本編でさらっと流したところを主人公を変えて外伝に。本編では小説ではなくあらすじを読んだという感じのところだったので、やっとすっきりした。

  • シリーズ外伝


    悠季の師匠・福山教授が悠季と出会ってから今までのことを回顧。
    学生時代の悠季らしいエピソードを福山氏はどうみていたか。

    桐ノ院がニューヨークで不当に拘置されていた間の出来事を
    『檻の中』で圭視点で、
    『M響三題』では五十嵐、飯田、高田の各視点からまとめられている。


    甘くも何も無かったけれど二人を取り巻く周りの人達がどう考えてどう動いているのか分かって良かった。

    今更言うことじゃないけど、挿し絵はやっぱり合わないなぁ。

  • 2013年4月西宮図書館

  • 『むずかしい弟子』福山先生と悠季の出会いと、現在までに師弟関係。
    『檻の中』SMEの陰謀で檻の中の圭が何をしていたかと解決の顛末。
    『M響三題』圭帰国後の五十嵐・飯田・M響の事務長高田、三人の視点による対応色々。
    それぞれ楽しかった。悠季はセリフのみって感じでエロ無しなのにカテゴリBLでいいにかと思うが、もともと富士見はそっちは無くても十分楽しめる出来。
    今後の外伝にも大いに期待したい。

  • 2月21日読了。購入。

  • 福山先生目線と高田事務局長目線の話しが珍しく新鮮だった。まさしく恩師という言葉に相応しい福山先生の教師としての矜恃が素晴らしい。人との出会いの妙、恩を悟るにも人間としての成長がなければならないんだということを考えさせられた。次の外伝が待ち遠しい。貞みっちゃんの成長ぶりも見たいなあ。2013.2

  • フジミの外伝。
    桐ノ院さんよりもM響の染谷さんの話が一番面白かった。

    あとがきを見て、
    もしかして外伝がまだ出る可能性大?
    嬉しいような、だったら…とか思ってしまうような。

  • 書き残し外伝集ということで、多方面のお話が読めました(笑)主役のふたりではなく、ああ、あの人はこういう人だったんだ~という新しい発見とか、彼らに愛されたふたりというのがよくわかる1冊になりました。最終話の種明かし的お話はもちろんありましたが、悠季の師匠、福山先生とM響のドタバタが面白かった。またの外伝集という作者さまの言葉もあり、期待して良いのでしょうか?

全16件中 1 - 10件を表示

檻の中 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

檻の中 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする