エネルギー (上) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.24
  • (0)
  • (7)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (621ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006047

作品紹介・あらすじ

大手総合商社燃料部員の金沢明彦は、ロシア・サハリンの巨大ガス田開発を命じられる。同じ頃、下位商社役員で中近東に名前を轟かす亀岡吾郎は、野望に燃える通産官僚十文字一と結託し、イランの巨大油田開発に日本政府を巻き込む。シンガポールでは、米系投資銀行出身の秋月修二が中国企業に巧妙なエネルギー・デリバティブ取引を仕掛ける。世界を相手に資源開発に挑む男たちを壮大なスケールで描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 細かいところまで調べあげたエネルギー商社の話。
    専門的になりすぎて、難しい内容も多々あり。

    ただ、エネルギーをめぐる3つのストーリーが
    最後まで交わることなく、終わってしまったことに、
    不満が残る。

  • 2014/ 6/1 読了FY2(4pt)

  • 慣れない用語とストーリー展開にとまどいいつつ、頑張って読んだ。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1957年、北海道生まれ。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て2000年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レフト』でデビュー。著書に『エネルギー』『冬の喝采』『貸し込み』『カラ売り屋』など。英国在住。

エネルギー (上) (角川文庫)のその他の作品

エネルギー(上) Kindle版 エネルギー(上) 黒木亮
エネルギー(上) 単行本 エネルギー(上) 黒木亮

黒木亮の作品

エネルギー (上) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする