エネルギー (下) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (645ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006054

作品紹介・あらすじ

五井商事の金沢明彦が進めるサハリンのLNGプロジェクトは環境保護団体の執拗な攻撃を受け、ロシア政府の介入と金融機関の離反を招く。トーニチ専務の亀岡吾郎は、アメリカの対イラン経済制裁で暗雲ただよう「日の丸油田」を救うため、ユダヤ人ロビイストを利用。秋月修二が中国企業に仕掛けた石油デリバティブ取引は、シンガポール市場を揺るがす巨額損失事件へと発展する。大河経済小説、完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 細かいところまで調べあげたエネルギー商社の話。
    専門的になりすぎて、難しい内容も多々あり。

    ただ、エネルギーをめぐる3つのストーリーが
    最後まで交わることなく、終わってしまったことに、
    不満が残る。

  • 2014/7/21 読了FY3(5pt)

  • 上巻は途中で何度投げ出そうとしたことか。上巻読み切った事で、慣れてきたお陰か下巻はかなり読みやすかった。フィクションとノンフィクションの境がわからなくなるほどリアルな小説!?

  • 総合商社のエネルギービジネスに関して。まず、そのリアルさに驚いた。このリアルさゆえに、商社の途上国ビジネスとはどういうもので、実際に商社マンがどのように働いているのかについての示唆を得ることが出来る。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1957年、北海道生まれ。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て2000年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レフト』でデビュー。著書に『エネルギー』『冬の喝采』『貸し込み』『カラ売り屋』など。英国在住。

「2018年 『鉄のあけぼの 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エネルギー (下) (角川文庫)のその他の作品

エネルギー(下) 単行本 エネルギー(下) 黒木亮
エネルギー(下) Kindle版 エネルギー(下) 黒木亮

黒木亮の作品

ツイートする