おにぎり、ちょうだい ぽんぽこもののけ陰陽師語り (角川文庫)

著者 : 高橋由太
制作 : Tobi 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年12月25日発売)
3.06
  • (1)
  • (13)
  • (25)
  • (10)
  • (1)
  • 本棚登録 :191
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006221

作品紹介・あらすじ

時は平安の世。荒れ果てた京の町に、お腹を空かせた少年と少女の姿があった。少年の名は相馬鬼麿。化け物退治を生業とする腕利きの"鬼斬り"であった。一方傍らの少女の名は、ぽんぽこ。純白の着物に身を包んだ美しい少女は、果たして強力な妖術を操る狸の妖かしであった。2人は空腹に負け、稀代の陰陽師・安倍晴明の子孫という妖しげな男から化け物退治を頼まれ、思わず引き受けてしまうが!?剣士と狸の平安陰陽師活劇。

おにぎり、ちょうだい ぽんぽこもののけ陰陽師語り (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/5/6川西市立中央図書館から借りた。
    2017/5/13伊丹市立図書館から借りた。

  •  本巻は前巻から舞台を移し、平安時代を生きる相馬とその相棒ぽんぽこ、そしてそれを取り巻く人物の物語。今回もぽんぽこの呑気さは健在で所々で腹黒さがにじみ出ていた。個人的には前巻までの相馬はどうなったのかは気になるが、今回出てきた相馬鬼麿も引けを取らずなかなか魅力的であった。話としては意外と重い感じが個人的にはした。続きが気になる終わり方だったので次巻に期待したい。

  • 物語の終わりに、

    「次巻『おにぎり、ぽろぽろ』
    ぽんぽこの秘密が明らかに!?
    乞うご期待!!」

    と、書かれていたんやけど、

    いやいやぽんぽこの秘密よりも鬼麿のほうが気になるんですけど!?

    読み進めながら
    「まさか・・・。いやそんなはずは・・・」
    と、ウスウス思ってたけどやっぱり、

    この本、シリーズもんの真ん中やったのか・・・! ガックリ


    歴史もの(と、いうていいんかわからんが・・・)は、わりと脈絡なく話がどんどん進んでいきますやん。
    これもそういうノリなんかなあ、それにしてもなあ、と、思っていたら、やっぱり・・・。

    この本の前には「ちょんまげ、ちょうだい」など、タイトルにちょんまげがつけられてるシリーズが3冊あるので、どうやらそちらを先に読むほうがよさそう。
    ちなみにこちらは江戸時代の話らしい。

    作中でも、ぽんぽこが数百年後の時代がどうのこうの、と、記述されていたので、ぽんぽこはタイムスリップしてる設定なんかもしれへんな。
    江戸時代から平安時代へのタイムスリップなんで、こちらからすると、なんかもう・・・(笑)。


    さて、そんなこんなでほんまに「狐につままれたように」ちゅうか「狸にばかされてるように」読み進めた平安時代を舞台としたこの話は、始終おなかがすいているお話やったな(笑)。

    私も現在は毎日
    「おなか、すいたなあ・・・」
    と、思っているので、そういう意味では妙にシンクロしないでもなかったけれども(いやいや、空腹の具合は全然違うと思うけど)、あの陰陽師の孫たちが登場したりするような、うんもう私の好みにストライクの話でしたよ!

    ストライクっていうても知識はほぼゼロなので、
    「えっとこれは、どういう時代背景の話なのかな・・・?」
    ちゅうていたらく(笑)。

    教科書を読めと。いやいや、こういった物語を読むことでたしょうの知識が増えればいいよ。

    ええとー、
    「平家にあらずんば人にあらず」
    というようなフレーズを見たので、清盛が絡んでるってことよね・・・。
    牛若丸もチラッとでてきたし、
    「平家に味方するな」
    などと鬼麿に助言する面子もちらほらいたので、この後平家が衰退するみたいな展開になるの・・・?

    いや、そこまではたぶんいかないのかな。
    とりあえずこの続きを読むまえに、ちょんまげシリーズをリクエストしました。
    この世界観に慣れているうちに次を読みたいところやけど、果たしてどうかな・・・(笑)。


    いやー、それにしても、いいよね~。
    今は幕末幕末いうてるけど、元々私は平安のころの京都のほうが好き~。
    あの、あの世とこの世がこう、隣り合わせにいるっていう感覚がすごいファンタジックですやんね。

    (きれいごとやけれども、まあそこはアレで)

    (2015.12.12)

  • 良いには良いが、前回のくろにくるのトラウマがあるから、いまいち最後まで読み進めようという気力に乏しい。
    与一の咬ませ犬扱いがなぁ。

  • 続きかと思ったら前の時代だった
    ぽんぽこはかわいいままだのう
    平将門の子孫で陰陽師がからんできてでも平氏はほろぶしなあ
    なんかごちゃっとしておる

  • ちょんまげちょうだい、の平安時代バージョン。

    バトルが呆気ない。

  • 化け物退治「鬼ぎり」を生業とする鬼麿と、美しい女に化けた狸のポンポコは、今日も腹ペコ。そんなとき、思いがけず、三つも仕事が舞い込んでくる。しかし、今回の仕事は、どうも一筋縄ではいかないようで…。 個性豊かなキャラクターたちが、ストーリーをもりあげている。ポンポコ、かわいい。ウメメ、かっこいい。あと、陰陽師の、女好きのお兄さん、けっこういいやつ?いろんな名前の妖怪がでてくるし、日本の伝説って、面白い。ただ、鬼麿の影が薄いのは、残念。

  • 面白い!続きが気になる〜〜!!!!

  • 前シリーズとどんな関係になっているのかがまだ読めない。ぽんぽこの秘密、気になります。

  • 平安妖怪退治モノ 鬼麿:青年剣士 ぽんぽこ:狸の妖怪娘 采女:姉のような存在 泰親:安倍晴明の子孫、関西弁の怪しい人 白額虎:のんびり屋のしゃべる猫 妖怪退治=鬼斬りで生計を立てる 家計は厳しく常に空腹 生活苦に負けて鬼麿は武士として立身出世を目指すが……

    キャラクタは秀逸で掛け合いも楽しい 物語のテンポが良くすいすい読める シリーズ物で後半途中で切れるから注意

全16件中 1 - 10件を表示

おにぎり、ちょうだい ぽんぽこもののけ陰陽師語り (角川文庫)のその他の作品

高橋由太の作品

おにぎり、ちょうだい ぽんぽこもののけ陰陽師語り (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする