RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川文庫)

著者 :
制作 : 酒井 駒子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.93
  • (127)
  • (216)
  • (148)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 1410
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006269

作品紹介・あらすじ

夏休みの終わり、鳳城学園に戻った泉水子は、正門でふと違和感を覚えるが、生徒会執行部として学園祭の準備に追われ、忘れてしまう。今年のテーマは「戦国学園祭」。衣装の着付け講習会で急遽、モデルを務めることになった泉水子に対し、姫神の出現を恐れる深行。果たして終了後、制服に着替えた泉水子はやはり本人ではなく…。物語はいよいよクライマックスへ。姫神から語られる驚くべき事実とは。RDGシリーズ第4巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予想以上に壮大な話になってきました。
    泉水子の日記から始まったので、高校生にしてはちょっと幼い感じかもとほのぼの読んでいたけど、姫神の出現でひっくり返されました。
    2巻で姫神が現れたとき言っていた「過去を探っている」とはそういうことかと。姫神が言っていた過去と私が思っていた過去が違い過ぎました。
    事態がどんどん泉水子と深行くんでは抑えられない雰囲気になっちゃってます。

    そしてそんな壮大な話なのに、高校生の恋愛までからんできちゃってるし。
    もう少しお互い素直になればと思うけど、泉水子はともかく、高校生男子には無理でしょうね。
    ああ、じれったい〜。

    そして高柳が学園祭であることを画策しているのが発覚します。
    一体学園祭で何が起こるのか、気になり過ぎて次もすぐ読んでしまいそう。
    今の時点では最終巻が文庫になってないのも気がかりです。角川さん、早く〜。

  • 実は今回、2~4巻まで一日で読んでしまったのだった。
    話しが進めば進むほど、息をつかせない。先へ先へと走ってしまう。
    戦国史やSF要素も取り入れつつ、話がとっ散らかってしまわないのは、主要人物が少しずつ成長しているのに合わせて、物語自体がきちんと呼吸しているからだと感じる。

    何はなくとも、明日発売の文庫版最新刊が気になって仕方ない。

  • 荻原規子の"RDG"シリーズの第4巻。ついに物語の核心が見えてきました。今準備を進めている学園祭が最後の決戦の舞台になるようですね(3巻で紫子さんが2人の前には文化祭で姿を現す予定だったと言ってもいたし)。ここまでくると誰が何を企んでいるのか分からなくなってきて、読んでるこちらも疑心暗鬼になってきます。思ったよりも高柳一派の力が学園を支配しているようですし、高柳一条vs宗田真響の結末はいかに。また、姫神の秘密の一端を掴んだいま、泉水子&深雪はどう動くのか。次巻がとても気になる。

  • なんかめっちゃ意外な展開!姫神がどういう役割のヒトだったのかがわかってからは姫神を見る目が180度変わってしまった。(深行同様)そして早く続きが読みたいのだが、四巻までしか買ってない。

  • にやにや継続中(笑)
    泉水子ちゃんは、もうかなり深行くんを意識してますね。本人は意識しないように努めてますけど。

    冒頭の日記がかわいい。
    関係ないじゃん、もう。とか。だいぶ自分の感情を素直に出すようになったなぁと成長を実感。

    物語は学園祭の準備へ。
    仄香が深行くん好きかもってモヤモヤしたり、お姫様衣装着たり、姫神になって深行くんとデートしたり、と泉水子ちゃん大忙し。
    次巻で術者の攻防が見られそうで楽しみ。

    ラブも!ラブももっとお願いしたいところですが!(笑)

  • おもしろい〜

    だんだんSFっぽくなってきた!
    いずみこちゃんが反抗期&思春期みたいになってきた!
    純情!純情!

    たのしいな〜

  • 出遅れ組も悪くないなと、連日どっぷりRDGの世界に浸れて幸せです。

    今回もいろいろありましたが、やっぱり姫神のことが気がかりですね。
    駆け足で読んでしまったせいか、わかったようなわからないような...微妙なところ。
    どう考えても私には泉水子と姫神が結びつきません。

    次巻はいよいよ高柳vs真響となるのでしょうが、姫神がどのように絡んでくるのか、期待と不安が半々。泉水子には泉水子のままでいてほしい。
    泉水子と深行のやきもきした関係もどうなることやら。。

    あー!仕事放り出して早く続きが読みたーい。

  • 大事に読もうと思っていたのに、加速度を増した物語にページを繰る手が止められませんでした。深行くん、苦労しそうだなぁという予感通り。でも、本人もそれがあまり嫌ではない…?
    泉水子は、特に最初の日記を書いてたあたり、思春期の普通の女の子だなぁという感じがすごくして、なんだか微笑ましかった。この二人のじれったい感じがもどかしくもあり、楽しみでもあり。
    同時並行して、学園祭の準備も着々と進んでいて、引き絞られた弓みたいな状態のまま、次巻へと続くわけですね。早く読んでしまいたいような、もったいないような……とにかく続きが楽しみ!

  • 戦国文化祭の前日までの話。
    姫神が何なのか、高柳と宗田の戦いがどういう意味があるのか、高柳が何を仕掛けようとしてるのか、わかる。

    そして、ついに姫神のことを打ち明ける。

    文化祭当日の次巻が楽しみだ!!

  • 夏休みが終わって、学園祭の準備に追われる泉水子たち。
    今年のテーマは「戦国学園祭」ということもあって、着付け、日本史研究会(SMF)、クラスの模擬店。浮足立つ学園内の生徒たちとは異なり、泉水子はただならぬものを感じ取っていく。
    姫神から語られた衝撃の事実と、学園祭を舞台に暗躍する高柳筆頭の陰陽師連中。いったい学園祭はどうなってしまうのか、という前哨戦だった。

    今回の巻では深行と泉水子の関係性が少し発展したように思えた。深行が卑下し、泉水子が反抗するいがみ合うだけの関係から、お互いに言葉を交わすことによって考えていることも、理解しあうこともやっと始まろうとしている。
    今回意外なところを見せた仄香や裏の権力者である穂積がこれからどう関わっていくのか気になるところ。
    学園祭ではきっと何かが起こるだろうという示唆で終わる。
    次回作が楽しみになる巻だった。

全116件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荻原規子・東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー。以来、ファンタジー作家として活躍。著作に「RDG」シリーズ(角川書店)など。2006年、『風神秘抄』(徳間書店)で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞・・JR賞、日本児童文学者協会賞を受賞。

「2017年 『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川文庫)のその他の作品

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする