ゴースタイズ・ゲート 「世界ノ壊シ方」事件 (角川ホラー文庫)

著者 : 中井拓志
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年12月25日発売)
3.13
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • 36人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006283

ゴースタイズ・ゲート 「世界ノ壊シ方」事件 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みやすいがホラー的要素は薄い。
    霊感少女と零感警察、脳科学で都市伝説を説明しようの二作目。
    地味に続いて欲しいかな。

  • 感想は前作とほとんど同じである。
    ただ、前作と流れが同じであるので、読みやすかったです。

  • シリーズ二作目。不可解な事件は果たして、科学的検証のみで解き明かせるのか? ホラー的だけれど、ミステリとしての部分もあって、どちらの要素も楽しめます。
    都市伝説の絡む「世界ノ壊シ方」はなんとも不気味。多感な年頃の少女たちが求める「世界」とはいったい何なのか。その点の方が恐ろしく悲しく感じました。未来に希望を持っていい年頃なのになあ。
    「顧みの人形」も何とも怖い! 完全に科学的なアプローチがなされたのに、まさかこういう真相が。やはりすべてが解明されるとは限らないのか……。

  • いつも通り理屈っぽく独特な作風でした。
    非常に人を選ぶ作家さんだと思います。

    霊現象を科学的に証明するという話は他にあっても、霊能者の脳機能を分析して解き明かす、という設定は他に見ないものだと思います。
    脳科学好き、心霊系の話好きな人向けです。

    個人的には大好きな作家さんで、もっとたくさん執筆して欲しいと思うのですが、内容が特殊すぎて知人におすすめするには躊躇する方です。

  • ケース3
    長かったわりに、マチコさんって何だったんだ??!って感じ。
    ナカマチさんと関係あるのかな?!

    ケース4
    脳データがなく、これまでと違った感じで、
    井ノ頭がこれまでになく活躍してて、
    面白かったです。

  • 都市伝説に科学的っぽくせまろう、というコンセプトはおもしろい。ただ今回は理詰めでせまる要素が大きくて、ホラーとしては少し弱いかな。

全7件中 1 - 7件を表示

ゴースタイズ・ゲート 「世界ノ壊シ方」事件 (角川ホラー文庫)のその他の作品

中井拓志の作品

ゴースタイズ・ゲート 「世界ノ壊シ方」事件 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする