シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と金の繭 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : あき 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.19
  • (27)
  • (40)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 246
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006375

作品紹介・あらすじ

妖精ラファルに剣で貫かれ、命を失いかけた銀砂糖師のアン。エリルの力で命を救われるも、アンは砂糖菓子を作ろうとして、感覚を失っていることに気づく。エリルの力は、命の代償に大事な能力を奪うものだったのだ!アンは一から修業し直すため、シャルとミスリルと共に、ペイジ工房へ向かうけれど-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初の銀砂糖の木を捜しあてたアン。それを狙っていたラファルによって、彼女は刺されてしまう。ラファルの意志に反したエリルはアンを助けることに。だが、その反面で彼女は銀砂糖師として重要なものを失ってしまい…

  • アンがまた前向きにひたむきに頑張ってて安心。
    無くしたならまた取り返せばいい。
    かっこいいです。

    金の繭、素敵ですね。
    恋する乙女の心。
    暖かくて微笑ましくて、見てるほうも初恋を思い出して恥ずかしくなるんでしょうね。
    いつも思うのですが、砂糖菓子の作品を見てみたいものです。

  • エリルの力で命が救われたアンとミスリル。助かった代償に大事な能力を失ってしまいました。

    ミスリルのように妖精本来の力を失ってしまったら取り戻すことはできないけど、アンのように後から身につけた能力は再度取り戻すことができると・・・。なかなかそんな風には思えないのに、アンはほんとに前向きだなぁと。

    そして最後は新たな局面が。
    ほんとまた次巻が気になるところで終わっちゃいました。

  • ついに二人は恋人に!甘々②になるかと思いきや、
    お子様なアンと鈍いシャルだからその心配はなく、
    まぁいい感じになりました。
    キースが公正すぎてかわいそうなくらいですが。
    アンが命を救われたときに失うのは絶対に銀砂糖を
    作る技術だと思っていたけど、
    あきらめずにまた①からやり直すとは思わなかったです。
    ガッツがあります。

  • アンの、そしてブリジットとオーランドのもどかしさと、切なさがたまらなかったです。
    がんばれアン!ってそればっかり思っていました。
    アン、ブリジットそれぞれの恋の行方に期待してます。
    そして、三川さんは本当に引っ張るのが上手い。
    次の巻すごく気になります。
    とはいえ既に手に入れているので、最近読書はペースゆっくりですが、すぐに続き読もうと思います

  • 一難去ってまた一難。技術再習得にもう少し時間かかるかなぁと思ったけど意外にサクッと。
    シャルがラファルの元に行くためには一度瀕死状態にならないとダメなんじゃないかなぁ。
    今回何よりも良かったのはシャルがデレまくってたこと。
    キス拒否られて軽く凹むとか可愛いな、ごちそうさまです♡

  • エリルの力で延命できてもなにか大事な能力を失うっていうのは命を無理やり繋ぐことへの対価なのかな...運命を捻じ曲げてしまうことへの代償みたいな。

    命があるだけでいいっていうのは簡単だし間違ってもいないと思う。でも今まで自分が大事に持ち続けていたものを失うくらいなら助からない方がよかったっていうのも否定は出来ない。

    もう一回頑張って技術を身につけることはできるけど良くも悪くも前と同じにはならないし、そもそもそういうことが出来ないものもある。
    まあ命がないとそういう葛藤と戦うこともできないのだけど。

  • この展開は銀砂糖師の世界観を深めるためにはありかも。一巻で既に獲得していたものだから。ちょっと前にはやったエピソードゼロの変形というか。

  • やっといろいろなことが落ち着くかなとおもったら?
    そんなに甘くないということみたいで。こんども大事件がおきそうな感じです。

  • アンが、砂糖菓子を作れなくなった事は、
    話の展開としてものすごく面白くなる重要ポイント。
    初めからの天才より、努力した人の方が共感がずずっとUPするから!

    しかし、アンだけでなくシャルもあまりに気持ち的な経験が
    少ないから、初期過ぎでやきもき。
    それが楽しいのだけど(笑)

    二人はずっと一緒に入れない事が、
    それでも幸せなんだろうけど、一緒にいれたらいいなと
    どうしても思ってしまう。
    出来れば最後まで描いてくれると嬉しい。
    最後がどうなるか、考えなくて済むので。。

全19件中 1 - 10件を表示

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と金の繭 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

三川みりの作品

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と金の繭 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする