秘薬の恋を月に誓う 運命のいたずら (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 凪 かすみ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.96
  • (15)
  • (18)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006399

作品紹介・あらすじ

調薬師のシェリルは、疫病が発生した村で美貌の青年・シオンに助けられる。そんなシェリルの下に王宮より調薬師として召喚令が下る。戸惑う彼女の前に現れたのは第三王子としてのシオンだった。さらに、病に倒れた国王の治療を命じられたシェリルは、王子の従者集団"四誓"の誓いを交わすことになり!?"四誓"と王子に課せられた誓約とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 槇ありささんの新シリーズ。イラストも凪かすみさんの好きな絵でよかったです。前作は王子様と王女様でしたけど、今回は王位に興味のなかった第三王子アレクシオンと調薬師のシェリルの身分違いの恋です。

    元々出会うはずのはいアレクシオンとシェリルが、ほんの偶然で出会い、お互いに好意を抱いたけど、いったんは別れます。それからしばらくして、国王の病ということでシェリルが呼ばれ、王宮の調薬師の嫌がらせから助けるため、アレクシオンと再会。

    王を治療するために身分が必要ということで、アレクシオンとシェリルが「四誓」の誓いを交わしましたけど、「四誓」に女性が選ばれた場合は伴侶にはなれないという事実を知ったシェリルが、いったんは逃げ出すものの最後もう一度「四誓」の誓いを交わすシーンは切ないですね。

    これからも、お互いに惹かれながらも、身分と「四誓」の立場に翻弄されそうです。アレクシオンにしかるべき身分の女性との縁談が現れたり、意外と第二王子がちょっかいかけてきたりとか・・。あと、シェリルの両親の話とかシェリルにしかたどり着けない薬草園とかも気になるところです。

    今回、アレクシオンの他の「四誓」のメンバーとして、ルーカス、サリオ、ヴァルトの3人がいますけど、ルーカス、サリオは前作の塊斗と光夜っぽい感じがしました。ヴァルトは2人とは毛色が違ってて、これからもシェリルとの仲を邪魔しそうですが、最終的には協力しそうな感じがします。

    次巻も非常に楽しみです。

  • いきなり夢が打ち砕かれているけどどうなるのだろう。キャラクターはみんな良い。
    ただ王子たちの名前が似ているのが覚えにくいかな。少年と第2王子は少し落ち着くべき。

  • これは好きな展開!王子3人(それぞれ母違い)、長男穏やかな外見とら裏腹に一番腹黒そう。次男、筋肉おバカ(笑)。このシリーズのヒーローになるであろう(だよね?)3男に調薬師のヒロイン。身分差ありの関係だけど、王子に忠誠を誓う四誓となったヒロイン。このヒロインの出生には秘密がありそう。予感としては正妃の死産?した娘とかでは?と都合のいい展開想像してます。

  • 初めての槇さん作品。
    面白かったです!

    主人公のシェリルがドストライクに好みで…!
    私はやっぱり、頑張る女の子(美少女)が好きなんだろうなーと(笑)
    もちろん、王子様もかっこよかったです。
    が、王子のお兄様2人の名前がなかなか覚えられなくて困りました。
    なんでだろう…?
    そう変わらんのに(←オイ)

    お話はといえば、なんとも切なかったです。
    『秘密の恋』だと読む前からわかってはいましたが。
    ……これ、今後どうなるんだろうと(笑)

    続きを買うしかないじゃないか!
    ビーンズ文庫さんにしてやられた(>_<)

  • 一巻は、可もなく不可もなく出会いと、誓い、そして彼女の覚悟までです。頑張る女の子は可愛い。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2593.html

  • 前シリーズよりも断然面白い。
    三人の王子がそれぞれ個性的で、従者の三人も割と好感が持てます。身分違いとは言うけど、あの雰囲気からすると実は貴族の姫なのかな? 
    まあ、シェリルと聞くと、つい、銀河の妖精を思い出してしまうのだが。

    前のは、実は途中で飽きてしまったのだけど。刊行ペースも遅い上に途中から話がよくわからなくなったのが理由。あと、挿絵の方の女の子の描き方も好みじゃなくて。あの方の男性はすごく好みなんだけど、女性の表情があまり好きではないというか……。
    今回の凪かすみさんのイラストは、イメージに合っていてよかったと思う。

  • 凪かすみさんのイラストに惹かれて購入しました。

    相変わらずすてきだ……(*´Д`)ハアハア

    見習い調薬師シェリルは疫病が発生した村へ薬を届けに行く途中、盗賊たちと遭遇し追われる羽目に。

    そんなとき助けてくれたのがアレクシオンという、ちょっと達観した雰囲気の青年で。

    アレクシオンは物静かなのですが、周囲の仲間がにぎやかしいことww

    忠誠厚い、けれど口やかましいヴァルト少年とか、プレイボーイとか兄貴! って感じの人とか。

    運命的な出会いをしたシェリルとアレクシオンの二人。

    お互いがお互いとも恋煩いにかかってしまって。

    もうこれからどうやって二人が再会するのかと思っていたら!

    アレクシオンはこの国の第三王子で、彼のお父さん――つまり王様――が病に倒れてしまうのです。

    王宮お抱えの調薬師や医師でも治せないほどの病。

    それを治す薬を持っていたのがシェリルの先生で。

    そこで二人は再会するわけですが――

    うーん、それにしてもミスカ先生ってもしかして……。

    そういえば並んで立ったときの描写がありましたね。

    あのときは「長身さんだねー」としか思ってなくて。

    思わず「うぇ!?」と声を出してしまいました。



    さてさて、シェリルとアレクシオンの両片思いがどうなるのか。

    なぜ「四誓〈フォース〉」になったら伴侶になれないのか。

    そして王妃さまが見つけたペンダントの意味とは。

    つづきが気になります(>_<)

    おもしろかったー。

    あ、彼の今後の行動も気になりますね。

    あとあの子たちの恋心も。

    シェリルとアレクシオンに嵐を呼び込まないといいのだけれど。

    二人には幸せになってほしいなあ。

  • 普通に面白かったです。ただ、これは個人的な好みだと思うんですけど、文章が若干読みづらいところがあった。それさえ引っかからなければ星五つだったかも。アレクシオンみたいなタイプ好きだし。
    まあ次巻に期待。

  • 調薬師の娘・シェリルと第三王子・アレクシオンとの切ない恋を描いた話。身分と『四誓(フォース)』の誓いにより、惹かれあっている二人なのに、その気持ちを伝えることができない。けれど、側にいるとどうしても募っていく想い。切ない・・・。でも、これからの展開で二人の関係は変わっていくでしょう。結ばれなきゃ!少女小説だもの!!(笑)主人公のシェリルにも何やら秘密がありそうで、続きが気になります。2巻も買います。イラストも凪さんなので綺麗で可愛いです。

全13件中 1 - 10件を表示

秘薬の恋を月に誓う 運命のいたずら (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

槇ありさの作品

ツイートする