アバター (角川文庫)

著者 :
制作 : しづ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.85
  • (5)
  • (14)
  • (37)
  • (16)
  • (10)
本棚登録 : 420
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006900

作品紹介・あらすじ

クラスで一番地味な阿武隈川道子は高校2年生で初めて携帯電話を手に入れる。クラスを仕切っている女王様からSNSサイト"アバQ"へ強制的に登録させられた道子だったが、その日から日常が一変。地味な自分に代わって分身である"アバター"を着飾ることにハマっていく。やがて超レアアイテムを手に入れた道子は学校の女王として君臨し、自らサークルを立ち上げてアバターで日本を支配しようとし始めるが-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クラスで一番地味な自分も、アバターならどこまでも派手に輝ける。学校で大人気のアバターゲーム。
    超レアアイテムなんて手に入れたら、一躍クラスの女王にもなれちゃうほど。

    いつもながら、若者が夢中になる題材を見つけるのがお上手な山田さん。
    アバターとか、課金ゲームとか、いわば仮想社会の魅力に引き込まれてしまうと、現実との境界線が少し曖昧になりますよね。

    仮想社会>現実社会 なんて図式が出来上がり、社会問題にもなったことがありましたね。
    とあるネットゲームの「わたしが眠ると、みんな死んじゃう」は有名だと思いますが、ゲームの世界は現実よりも地位の逆転がしやすいところが人によってはのめり込む程の魅力の1つなのかもしれませんね。

    それでも所詮ゲームは、データに過ぎない。
    データが飛べば、流行が終われば、確かにあると思っていた何かが消えてしまう。そんな、儚さがありますね。

    ゲームに夢中になるのが悪いことだとは思いませんが、こんな結末もあるんだ、と知ってほしい1冊でした。

  • クラスで一番地味な女子高生が、アバターに出会い、アバターを着飾ることでクラスの女王を蹴落とし新たな女王となる。
    クラス、学年、学校と規模を拡大し、日本を支配しようと目論むが…。


    アバター流行りましたね。
    私もやってたので共感しやすくテンポよく読めましたが、ここまでののめり込みは恐ろしい。
    ぞっとしました。

  • これを読んだ時、衝撃しかありませんでした。
    こんなに中に引き込まれるものがあるのかと……。

    今となっては大体の本にのめり込んで読みますが、これはそうなったきっかけでもある思い出の本です。

    最後の方の主人公がだいぶ狂気に満ちていて怖いので星は少なめでw

  • 何と言ったらいいのか。
    山田さん、これ本気で書いた物語ですか?
    アバターを題材として取り上げたのはわかるけれど、展開がありきたりすぎて結末が見えてしまう。
    どんなに高額なアイテムを手にしたって、すぐに何の価値もなくなるのがネットゲームやアバターの世界。
    高校生になって初めて携帯を手にした道子にはわからなかったかもしれないけど、所詮流行り廃れが激しい世界での出来事でしかない。
    道子が夢中になっていく過程はわかりやすかったし、その心情も理解できたけれど。
    映像化されているけれど、もしかしたら原作として書かれた物語なのだろうか?
    やたらと薄っぺらさだけが目立つのはそのためなのだろうか?
    良い物語も書ける作家なのに、この物語に関していえば本当に残念。

  • 地味な女子高生がゲームの中のアバターを着飾ることによって実生活でも自信をつけていき、学校を支配していく。

  • 2015/02/25
    テーマは現実の中高生に寄せた等身大なものなのに、それを引き立てる描写が無さ過ぎる。しかも後半は急に独特な世界観が展開され、着いていけない。

  • 徐々に読み進めるうちに何が現実で何がサイト上のことなのか分からなくなってしまいました。感情移入は出来なかったです。

  • リアル鬼ごっこの作者であるという期待感が強かったせいか、はたまた、年寄りの私にはターゲット層が若向きすぎたせいか、もう一つ感情移入できなかった。

  • あらすじに惹かれて読み始めたが、後半の流れが読めて、またオチが弱く中盤の盛り上げで終わった印象。また、結局西園寺の目的はなんだったのかが明記されず、若干の消化不良。
    設定は良いがリアリティーが無さすぎて途中で飽きてきてしまう。もうひとひねり欲しかった。

  • おお…!面白かった!
    人間の強欲さが分かりやすく表現されててグッドです!

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山田 悠介(やまだ ゆうすけ)
1981年東京都生まれ。
高校卒業後アルバイトをしながら小説を書いており、2001年『リアル鬼ごっこ』を自費出版し作家デビュー。これが代表作の一つとなる。
他の代表作に、『親指さがし』、『スイッチを押すとき』など。多くの作品が映画化されている。

アバター (角川文庫)のその他の作品

アバター 単行本 アバター 山田悠介
アバター (角川文庫) Kindle版 アバター (角川文庫) 山田悠介

山田悠介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 悠介
有効な右矢印 無効な右矢印

アバター (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする