南の子供が夜いくところ (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.61
  • (28)
  • (66)
  • (74)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 514
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一家心中しようとしていた家族
    その息子タカシが一人の女性に
    助けられ、連れて行かれた島
    #トロンバス島 で
    繰り広げられる短編7作品
    .
    .
    それぞれ違う人物からの
    違う時代違う視点の
    話だけど、どこかで繋がっている
    .
    小さな島の
    長い旅の終わりを飾る
    ”夜の果樹園”は
    読んでいて、ハッ!とする
    そうか。私は瓜畑を渡るのを
    やめてしまったのかもしれないと。
    少しウルっと来るくらい
    心に刺さるものがありました。
    .
    有り得ないような
    有り得るような
    そのキワどいラインで
    進む話は
    妙に現実的で
    説得力がある
    やっぱり恒川光太郎 さん
    好きっす。

  • 相変わらず恒川さんの幻想的な世界観には惚れ惚れ。全7編の短編で、全て同じ『トロンバス島』という奇妙な島での物語。どの短編も少ない文章の中に1人の、あるいは街や村の人生や歴史が詰まっていて、1冊で沢山の経験をしてきたような錯覚になりました。文体から漂う独特の不穏感がとても好き。

  • この本を読んで、ホラー文庫は順番に読んできてよかったと思った。ちょっとしたところに前作と繋がってる部分があったので・・・。(本当にちょっとしたところなので順番に読んでいなくても影響はでないですが)

    スーの幼少期を書いた「紫苑樹の木」が好きです。それぞれの登場人物に個性があり面白いです。相変わらずパパイヤなりマンゴーなり・・・恒川さんらしさを感じました。

    解説もよく、話の復習や確認ができたのでよかったです。終わりはなんと言ったらいいのか・・・。

  • 理屈がいらない。自然に当たり前にある異界の描かれ方が非常に好ましい。
    …あと。ホラー文庫から出てますがホラーではないでしょうこれは。

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南の子供が夜いくところ (角川ホラー文庫)のその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする