世界どこでもずんがずんが旅 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.33
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007372

作品紹介・あらすじ

マイナス50℃の世界から灼熱の砂漠まで――地球の端から端までずんがずんがと駆け巡り、見て、食べて、撮って、話してきたそのまんまをつづった30年の軌跡!旅と冒険の達人・シーナが贈る極上フォトエッセイ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 極寒のシベリア人はどんな生活をしているでしょうか。
    極暑の砂漠でどんな風景が見られるでしょうか。
    著者がいろいろな世界の秘境をずんがずんがと駆け巡り、出逢った異国の情景を描いてくれました。世界珍景に興味あれば、おすすめです。
    (環境理工学創造専攻 M1)

  • 世界中を旅した椎名さんの紀行文。なかなか行けない場所での、椎名さん独特の切り口からの文章は読んでいて飽きず、ワクワクする。

  • 2010年1月に角川書店から発行された単行本の文庫化。
    椎名誠のフォトエッセイ。主に1980年代に旅した各地について、写真を見ながら思い出しつつ書き綴ったもののようです。

    旅した先は観光地とはちょっと違う、例えばタクラマカン砂漠の楼蘭やブラジルのベレンなど。また中国やモスクワも訪れているが、今ほど行きやすい場所ではないし、ミャンマーなどは厳しい軍事政権下だ。

    椎名さんの文章は旅先で出会った人々のあたたかさやその土地土地の空気感が感じられて、とても生き生きとしている。行ってみたいなぁと思わせられるけれど、かなり不便なところを訪れているので、やっぱり話を聞くだけで十分かな。

    人生が息苦しく感じた時に読みたいエッセイ。

全4件中 1 - 4件を表示

世界どこでもずんがずんが旅 (角川文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする