今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)

著者 : 喬林知
制作 : 六七質 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年3月23日発売)
3.76
  • (17)
  • (24)
  • (22)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :240
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007396

作品紹介

正義感あふれる野球小僧の渋谷有利は、ごく普通の高校生。ところが(なぜか!)物理的法則を無視して水洗トイレから異世界へ流され、気がつけばそこで魔族を統べる王――「魔王」に指名されてしまった!?

今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新装版が出たので再読。

    あらためて読んでも笑える有利のツッコミ。ヨザックってあんなに懐疑的だったんだっけな…という本当に忘れてた部分的の再発見。そしてわかってるが有利に対するコンラートの愛(笑)。色々なところに気づくことができた事が、再読の醍醐味だとあらためて感じた。

    追伸:有利、君の心の師匠である伊東勤さんは今ロッテの監督さんだよ…。

  • 懐かしい思いで購入。
    改めて読むと、昔わからなかったギャグに反応できてとても楽しかった。

  • もとがライトノベル
    BSでアニメが放送されているのを見た時から、いつかは読もうと思っていた中で、文庫化してるのを見て思わず手に取る
    あっという間に読了。ラノベ故、と言うのは簡単だけど、良作であるが故でもあるでしょ
    価値観の違う世界で、普通に育った少年の冒険譚。軽く異世界気分に浸れます

  • コッヒー

    アニメを先に見ていたせいか、アニメのイケボで脳内再生される。

  • すごく面白かった!

  • 高校生が実は魔王の魂の転生で、魔界に転送されて魔王になる話

    設定といい描写といい言動といい全てがラノベのテンプレ
    ファンタジーを現代の視点で観るという話はネットにはごろごろ転がっているので、そんなに珍しいものではない
    特筆スべきところはどこだろう?
    魔王ってところだけ?

    ま、それはそれとして、ラノベらしく気楽に読める

  • とってもドタバタな、ハイテンションコメディ、というのが第一印象。濃いキャラクターだらけの世界は見ていてとても面白い。ちょっと疲れるけど。ユーリくんの正義って、人のことを思っているような、独り善がりのような。なんだか違和感があります。それが今後成長することで変わっていくのかな?楽しみです。

  • 昔流行ってたけど読んだことないなぁと思って購入。キャラがわかりやすくて面白かった!ファンタジーだけどユーリのおかげでものすごく読みやすかったです。ユーリの正義感は小市民なんかじゃないわー。そして出てくる人出てくる人みんな美形という天国。続きも楽しみです。

  • 角川ビーンズ文庫との違いがたくさん見つかっておもしろい。最初に読んでから何年もたっているので、あらためてまるマシリーズはおもしろいなあと思う。

  •  ビーンズで一通りは読みましたが、読み比べのためと最後の短編が目的で読み直します。

全21件中 1 - 10件を表示

今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)のその他の作品

喬林知の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)に関連する談話室の質問

今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする