出雲神々の殺人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007402

作品紹介・あらすじ

「神が人を殺した。これは神々の殺人の始まりだ」連続殺人の刺殺体の上には奇妙なメモが残されていた。十津川警部はメモを手がかりに出雲へ。そして無人島・祝島に辿り着き、島の神主の息子を容疑者と特定するが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時刻表、電車トリックじゃない西村京太郎が読みたくて借りたけど、見事にハズれた。特筆すべきは読点の多さ!!! めちゃくちゃ読みにくかったんだけど前からこんなだったっけ…?

    都内で若い女性が殺される連続殺人事件が発生。その遺体のそばには必ず、「これは神々の殺人である」というようなメモが残されていた。調べていくうちに十津川と亀井は、島根の祝島という小さな島にたどり着くー。

    というようなストーリーなのだけど、そもそも旧暦の10月だから今の暦の10月末でも神在月は終わりじゃないはずだし、亀さんが何でそんなに神無月にこだわってたのかも謎だし、被害者が全員出雲大社に関わる物を持ってたという伏線も回収されず、とにかくひどかった。どんでん返しを期待したけど、「母親に捨てられた恨みから女性全てを憎む」とかいうようなチープな分析で最後まで突っ走ってた。

  • 軽い読み物

  • 相変わらずの西村京太郎クオリティ。
    いつも通り(爆)十津川警部の推理だけで捜査が進んでいくのだが
    今回は裏付けもそこそこしっかりしていたので説得力はあった方かな。
    ラストはやっぱりだいぶ都合がいい展開だったけど。

    ブルートレインの中で殺人が起きたのに現場保存はしなくていいのか、とか
    鑑識を呼ばなくていいのか、とか思ってしまうのは
    きっと警察小説の読み過ぎなんだろう(笑)。
    なんだかんだで筋書きは面白いので
    あまり考えないで読むには西村京太郎作品はうってつけだと思う。

    今回は神道の薀蓄がたくさんあって面白かった。
    出雲の神有月の話は知っていたが、
    八幡神社が全国に四万社あるなどの話は初耳だったので興味深い。
    そういやうちにも神棚あるけど拝んでないなぁ。
    ちゃんとやらなきゃ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出雲神々の殺人 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする