ラスト・メメント 商人と死 (角川ホラー文庫)

著者 : 鈴木麻純
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年3月23日発売)
3.25
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007556

作品紹介

遺品を”鑑賞”することで死者の想いを読み取ることができる青年・和泉。好奇心旺盛な写真家の卵・彩乃や皮肉屋な葬儀社員・透吾に振り回され遺品をめぐる謎に関わる日々だが、さらに絵画収集のライバルが現われ……。

ラスト・メメント 商人と死 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読書録「ラスト・メメント商人と死」3

    著者 鈴木麻純
    出版 角川ホラー文庫

    p203より引用
    “実際、彼ら古美術商というのは横の繋がり
    で商売をしているようなところがある。彼は、
    それらしい情報が入ったらすぐに連絡をする
    からと言ってくれたのだった。”

     趣味と実益を兼ねた遺品蒐集家を主人公と
    した、長編小説。シリーズ第二弾。
     少ない参列者に見送られ、骨董商の男が
    荼毘に付されていた。その上、一番付き合い
    が深かったであろう彼の妻でさえ、隣の男に
    まとわりつこうとしていた…。

     上記の引用は、主人公が探しものを頼んだ
    場面での一節。
    何事もその道に通じた人の集まりというのは、
    情報の共有や交換に具合がいいものなので
    しょう。インドアで引きこもりの様に書かれ
    ていた主人公だと思っていたら、結構社協的
    な人物でした。
     前巻にも登場した、主人公と相反するよう
    な人物と、またしても対立することになりま
    す。新キャラも出てきて、役者が揃った感の
    ある話となっています。

    ーーーーー

  • 2017.6.4読了 61冊目

  • 【人が苦手で不愛想。
    趣味は遺品集めという高坂和泉には特異な能力がある。
    それは死者の想いを観られるということ。

    和泉は、ある特別な絵画を報酬に、開かずのアンティークオルゴールの鍵探しをすることに。
    箱に遺された想いから手掛かりを得ようとするが、なぜか上手くいかない。
    そんな和泉の前に、トラウマを与えられた葬儀社の男、透吾や絵画蒐集のライバル、貴士も現れて……。

    死者が遺した優しい秘密。
    シリーズ第2弾。

    あらすじより】

全4件中 1 - 4件を表示

ラスト・メメント 商人と死 (角川ホラー文庫)のその他の作品

鈴木麻純の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラスト・メメント 商人と死 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ラスト・メメント 商人と死 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする