聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)

著者 : 杉原智則
制作 : Nidy‐2D‐ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年3月30日発売)
3.35
  • (1)
  • (6)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007624

作品紹介

魔法使いの少年ダークは凄腕の剣士フィーネと出会い、無理やり無敵の騎士団に加入させられる。だが、ラグナの谷を守るその騎士団は今や弱小の”二代目”だった! 一方、谷には帝国の魔の手が迫っていて!?

聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 重い重い烙印の後だからか、小悪党な主人公とちょっとライトめな世界がとても癒やされるし、面白い。

  • 小悪党な主人公と堅物なヒロインの話。
    もっと、まじめなファンタジーかとおもったらそうでもなかった。

  • 捕虜にされた三流魔導士が,ハメられて脅迫されるがままに,ヒロインに手を貸す話.バトルだけでなく知略戦も楽しむ戦記ものだけど,とにかく主人公が小物で,強運だけで生き残っていて,しかも本人はそれを実力だと思っているのが面白い.
    ダンジョン攻略がウケたのと,ラストの次々とピンチに陥る畳み掛けが良かった.

  • わりとあっさりして落ち着いた文体がとても好み。主人公が自分の利益だけを考えてる小物臭が半端ないんだけど、その分生きる意志は強く、その割り切りが時に爽快に感じる。今のところ、ただ自分の命を優先にヒロインの女の子に従ってるだけだけど、これからどう変わっていくのかとても楽しみ。

  • Book Off 280円(20%引き)

  • この主人公は好きなタイプだ。
    喜劇の役にされた敵が哀れだ。面白い。

  • ヒロインがいまいち好みじゃないなぁ…。
    近接戦闘職ぽいのに露出過多のビキニアーマーでいいんだろうかと疑問に思った挿絵。
    正直なところ、表紙で一瞬買うのをためらった。

  • ここまでコスイ主人公はゴクドー君以来だと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)のその他の作品

杉原智則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする