秘薬の恋を月に誓う 許されざる想い (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 凪 かすみ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.17
  • (12)
  • (12)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007723

作品紹介・あらすじ

第三王子・アレクへの恋心を封印し、『四誓』のメンバーになった調薬師・シェリル。慣れない王宮生活を送る彼女を我がものにしようと画策する第一王子・ラルフはアレクを挑発するが――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 展開にわくわく。しかし王様の扱い…。
    ヴァルド以外の男性キャラがみんな好みだが、サリオとルーカスのコンビが好きだな。

  • 積読状態だったのですが、やっぱりおもしろい! シェリルとアレクの初々しい距離感が(*´Д`)ハアハア

  • そっちだったか!?長兄王子の腹黒さに対して、次兄王子の微笑ましいこと(笑)強がってはいるけど、実は一番純情なんじゃないかしら?彼にもいい女性が見つかりますように←既にヒーローレースからは外してる(笑)ヒーローもヒロインも出自や家族環境にいろいろあるのね。続きが楽しみ♪

  • クラウシオンの株が一気に上がった巻でした。
    いや、1巻の時点でなんとなく察するところはありましたが(笑)

    私はどうにも、主人公に惚れてて、つい優しくしちゃう当て馬キャラに弱いみたいです。
    隙あらばメインヒーローを激しく嫉妬させて欲しい…! というようなことを、よく考えてしまいます。

    それにしても、シェリルは純粋で良い子ですね。
    “良い子ちゃん”ではないあたり、本当に好ましいです。

    今巻ではシェリルの両親のことにも少し触れられていて、やっぱり次巻が気になるつくりに…!
    いえ、当たり前かもですが(笑)

    かなりしっかりしたお話だけど、どれくらい続くんだろう。
    ビーンズ文庫って『ライトノベル』としてはメディアミックス作品が少ない印象(個人的に勝手に)なのですが、アニメとかにならないのかなぁ。
    “少女小説”っていうくくりがダメなんでしょうか…?

  • シリーズ2巻目。

    アレクシオンに望まれ、彼の「四誓」となったシェリル。平民出身の娘で調薬師という経歴からシェリルは一気に王宮での噂の中心に。そんな中、王宮で自分のできることを探したいと調薬の勉強を始めようとするが、彼女を目の敵に思う調薬師長から嫌がらせを受け、試験まで受けることになり・・・。

    恋心に気づいた時には、その気持ちを封印しなきゃいけないなんて切なすぎる。アレクシオンへの想いを押さえようとするけれど、でも・・・!みたいな展開にグッときますね。アレクシオンも同様で、シェリルを愛おしく思っているけれど我慢してるんですね。でも堪えきれなくて・・・。切ないし、キュンとしますね。お互い好き合っているのは明白なんですけどね。もどかしいっ!!

    舞台が王宮に移ったので四誓の仲間たちだけじゃなく、兄王子たちの出番も増えました。クラウシオン結構好きなんですけど♪当て馬になるだろうけど(笑)可愛いじゃないですか。ラルフシオンは色々企んでそうですね。黒さがどんどん出てきてますww

    王位継承のあれこれとか、シェリルの父親の死の理由とか、ミスカの秘密とか、いろんなことがまだまだ分からないままなので物語はこれから動き出す!みたいな感じでしょうか。3巻が楽しみです。

  • 『四誓』のメンバーとなったシェリル。環境の変化に戸惑いながらも調薬師として勉強をしたいと願いでて、王宮の薬師として周囲の反発に悪戦苦闘しながらも頑張るお話
    二人気持ちは大きくなっておりますが、全体は続刊への布石という雰囲気
    王位継承争い、彼女の出生の秘密もすべて今回はお預け

    背中の痒い甘さにニマニマしながら、結ばれることのない壁が切なくてキュン転がる。

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2719.html

  • 2巻目。「四誓」となったシェリルですが、「四誓」の女性は誓った相手とは結婚できないっていうのがかなり障害になってて、お互いに好きだってのが端から見てもバレバレなのに、恋心を抑えているのがなんとも切なくていいです。

    他の王子とは結婚できるっていうことで、クラウシオンやラルフシオンがシェリルに興味を持っていますが、クラウシオンはなんとなく、いい当て馬になってくれそうです。アレクのことは嫌いだけど、なんだかんだ言いながら、好きな女の子の頼みは断れなさそう。

    ラルフシオンは後半、腹黒さ全開でしたけど、彼にアレクの出生の秘密やシェリルの両親がアレクと関わりがあることがばれてしまって、そこら辺は次巻に持ち越しかなぁ。

    障害のある恋、いいです。
    もうちょっとアレクが感情豊かだったらいいんですけど、今回結構嫉妬心から暴走してくれてたので、満足です。

全11件中 1 - 10件を表示

秘薬の恋を月に誓う 許されざる想い (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

槇ありさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする