城崎殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007815

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日お亡くなりになった内田康夫氏の作品を初めて読んでみた。ドラマなんかではおなじみなので違和感もなかった。浅見さんの活躍が・・・やはりドラマとは違うなと・・・

  • あらすじ(背表紙より)
    浅見光彦は、母・雪江のお供で兵庫県の名湯・城崎温泉を訪れた。土蜘蛛伝説が伝わるこの地で温泉情緒を満喫しようとした浅見母子だが、現地で「幽霊ビル」と呼ばれるいわくつきの建物で死体が発見された現場に行き当たり、現地で調査を始めることに。3人目の遺体が発見された異常事態を自殺と決め込む現地警察に対し、浅見はこのビルが悪徳商法で名高い保全投資協会に建てられた物であることから、事件性が高いと主張するが―。

  • 東京からは遠いのであまり有名ではないらしいが、関西では有名な温泉地
    近くの出石と共にその地のなぞと事件をからめて描く

    天日槍、土蜘蛛族、タジマノモリ

  • 浅見光彦は、母・雪江のお供で兵庫県の名湯・城崎温泉を訪れた。土蜘蛛伝説が伝わるこの地で温泉情緒を満喫しようとした浅見母子だが、現地で「幽霊ビル」と呼ばれるいわくつきの建物で死体が発見された現場に行き当たり、現地で調査を始めることに。3人目の遺体が発見された異常事態を自殺と決め込む現地警察に対し、浅見はこのビルが悪徳商法で名高い保全投資協会に建てられた物であることから、事件性が高いと主張するが―。

  • 『漂泊の楽人』の保全投資協会絡みの犯罪

全7件中 1 - 7件を表示

城崎殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする