県庁おもてなし課 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.06
  • (980)
  • (1336)
  • (564)
  • (94)
  • (13)
本棚登録 : 10206
レビュー : 910
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007846

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こういう方法で、街が盛り上がるっていいなぁ。
    自分の地元にもおもてなし課みたいなのができるといいのに

  • 高知に行きたくなる

  • 有川浩の魅力炸裂(笑)
    明日も仕事だというのにぐいぐい引き込まれて眠気と闘いながら一気読み^_^; 
    意地っ張りな吉門さんがラブリー過ぎて笑えます。

  • 高知県に実在する「おもてなし課」をテーマにしたフィクション小説。
    「新しいこと」を始めるには向かないお役所で働く公務員を主軸に据えて話が進んでいく。

    お役所体制と民間感覚の対比が、有川さんらしい良い意味で軽いタッチで描かれていて、読みやすい。
    この本自体が観光のガイドブック的側面を有していて、高知県ってそんな魅力があるのか、と旅行心を擽られた。
    その分、恋愛部分は描写不足というか、もう少し展開に含みがあった方が面白かったかな、と。

    終盤に向けてどうやって落とすのか楽しみだったが、流石はお役所が舞台。
    まぁ、そうだよね、といった感じの終着点だったのがリアルだし、後味の良い終わり方だった。
    彼らがこの先、どのように奮闘してより良いものを作り上げていくのか、読み終わった後に想像するのも楽しい作品。

  • 夢があり、かつリアリティを感じて、そこが面白かった。

    柔軟な発想、視点の切り替えができる人って憧れる。
    出来過ぎな所はあるけど、そこはご愛嬌ってことで

    あと、観光の仕事をしてみたくなった(笑)

  • 郷土愛に満ちたとても素敵な作品。

    参考文献が丁寧に紹介されていてよかった。観光やアートプロジェクトに携わる人や、区役所など公の機関と仕事をしている人にとっては、身近な内容で色々身につまされるところがあるはず。

  • 軽い気持ちで手に取った本だったのに、読んでみたらかなり面白かった。なにより、今すぐ高知に行ってみたい!そんな気持ちになりました。もう公開済みの映画だけど、この役をあの俳優さんが演じたら…なんて考えながら楽しく読みました。有川さんの本は初挑戦だったけど、すっかりハマっちゃいました。他もいろいろ読んでみたいなぁ。

  • 滝川クリステル効果か、にわかに脚光を浴びる「お・も・て・な・し」
    「おもてなし」はそれ以前からず~っと日本に根付いていた文化。
    ただ、ちょっと忘れがちになっていたことも無きにしも非ずだけど・・・
    高知県庁に実在する「おもてなし課」。
    おもわず高知県庁のHPをのぞいてみちゃいました(笑)。
    この本、文句なく面白かったです!

  • この本自体がすごいビジネスモデルだなあ

  • とある県庁に、突如現れた、新部所「おもてなし課」。若手職員、掛水は、地方新興企画の手始めとして、地元出身の、有名作家に、観光特使を依頼するが…。お役所仕事と、民間感覚の間に立ちはだかる、いくつもの壁。仲間と共に、1つ1つ、問題を解決していくなかで、掛水は、自分の住む県のよさを、体験していく。
    高知に、是非行ってみたくなった。海、山、川、空、確かに、これだけ揃っていたら、観光客には、魅力的だ。見方を変えれば、自分の周りにも、まだまだ、よい観光スポットがあるかも?高知勉ではなくて、、土佐勉というのか?響きが温かくて、ほっとする。それにしても、「民間感覚」と、「お役所仕事」との間に、こんなに差があるものなのだろうか?

全910件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

県庁おもてなし課 (角川文庫)のその他の作品

県庁おもてなし課 単行本 県庁おもてなし課 有川浩

有川浩の作品

ツイートする