配達されたい私たち (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.17
  • (4)
  • (18)
  • (25)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 150
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007884

作品紹介・あらすじ

死ぬことだけ考えて生きている、うつの男。死に場所と決めた廃屋で見つけたのは朽ちる寸前の手紙の束。男は放置された7通を郵便局員に代り配達することにした。すべて届けたら自殺してラクになる、そう決意して……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 32歳、ウツ、妻子あり。
    感情は喪失し、毎日を芋虫のように暮らす澤野。
    ある日、死に場所として入った廃墟で、届けられず捨てられた7年前の手紙の束を発見する。
    そうだ、この7通の手紙を届けてから死のう。
    心を亡くした男が届ける、心を繋ぐ7通の手紙の物語。

    知人に勧められて借りました。
    著者がうつ病だったということがあり、鬱の描写がとてもリアル。
    感情の喪失や色のない世界、動けない体に、取り纏う希死観念。
    体験記ではなく小説でこんな風に鬱独特の症状を描いている作品は希少かもしれないですね。

    7年前に届けられるはずだった手紙が時を越えて届くことで様々な物語が生まれますが、共通して思ったのは、タイミングって大きいなということ。
    タイミングが違えば結果は違っていた。そういうことは現実にたくさんあって、むしろそういう些細なタイミングのズレや一致で生まれた結果の積み重ねが人生を創っているように感じます。

    一般的な「良い」「悪い」という物差しとは別のところで物語が紡がれているのもよかったです。
    時を越えて届けられる手紙って、なんだかいいですね。

  • 目的を達成する頃には回復するかと思いきやそう来るか!意外な顛末ながらうつ病は深刻だ、本当にそう思う

  • 言葉の選び方が一色さんらしいのと、経験上うつ状態の主人公がとてもリアルでした。各章がマイナスからプラスに増えて行くのもほのかな希望を感じました。しかし、ドラマ版を見られなかったことを悔いています。DVD化されてないようだし。。

  • うつ病の澤野。自殺しようとした廃墟で郵便局員に廃棄されたと思われる手紙の束を見つける。7年前の手紙だ。なんとか読めそうな7通の手紙を届けよう、それを自分の死へのカウントダウンにしようと決める。 
    なんとも興味深い話です。澤野が少しずつ行動範囲を広げていき、何も感じられなくなっていた心に変化が起きてくる。もちろん、うつ病がそんなに簡単な病気で無いことも踏まえ、妻と子供との愛情も感じられる一冊。

  • 全体を通していい本だった!というより、ひとつひとつのストーリーがよかった。

    7年経てばいろいろなことが変わる。
    7年前の自分の気持ちってどうだったかな。

  • 一気読み。あー、鬱の症状の気持ちが痛いほど分かるよーって思いながら読んだ。笑 少しずつ復活していくけれど、最後は奥さんがいたたまれないなあ。

  • うつ病になった人がどう感じどう生きているか詳しく語られていますが、解らない人には自己中心的としか見られないんだろうな。全体的に言葉の選び方が巧く、心に響きます。しかし奥さんのあの行動はちょっと……。主人公が死にたくなった気持ちも解ります。救われたような、救われないような、読む人によってかなり印象が変わる作品だと思います。

  • 1通、1通の手紙に関する内容が重い。。もしちゃんと本人に届いていたら人生大きく変わっていたんじゃないかと。配達しなかった配達員が憎いっ!
    思っていたラストと違い、少し残念な気がした。豚玉食べてほしかった。思いをちゃんと伝えられるといいな。

  • ☆3.4
    鬱病を患った澤野は、ある日自殺しようとして入った廃墟で偶然手紙の束を見つける。それは7年前に郵便局員によって破棄されたものだった。「この7通の手紙を配り終えたら死ぬことにしよう」と決めた澤野は、一通ずつ手紙の配達を始めるが...。

    正直、「え!ここで終わり?!」って感じ。ハッピーエンドにして欲しいなぁ..。鬱病で感情を無くした澤野が、段々感情を取り戻して、最後のシーンで奥さんや子どもへの愛情や感謝の気持ちを思い出したのはいいけれど、植物状態で聴覚と嗅覚だけじゃ...。回復して伝えて欲しい!

  • 鬱病を患った主人公が自殺をするために侵入した、廃墟となった映画館で、7年前に配達されるはずだった郵便物の束を見つけ、自殺へのカウントダウンとしてそのうちの7通を配達する物語。
    7年前の手紙を受け取った人たちとの対話から、主人公が得るものとは。

    鬱を題材にした作品は数多ありますが、この作品のディテールには驚くばかり、自分がいかに鬱を誤認していたかを思い知らされました。
    作者さん自身が鬱病だったそうです。
    小説ではありますが、周囲の人々が読むべき一冊です。

    ラスト1通からの心情変化と振り落とされそうなほどのスピード感、最終章で明らかとなる状況と主人公の心境。
    今まで出会ったことのない、とてつもない質量を持った作品でした。
    こんな小説にはなかなか出会えない。

    普段は読んで1日寝かせてからレビューを書いていますが、この作品に関してはもう二度と味わえない初読の読後感を残したく、一気に書きました。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一色伸幸(いっしき・のぶゆき)
1960年東京都生まれ。脚本家、小説家。
1980年前半から『宇宙船サジタリウス』『私をスキーに連れてって』をはじめ『七人のおたく』『波の数だけ抱きしめて』などアニメ、映画、ドラマと幅広い分野で次々とヒット作を生み出す。
『僕らはみんな生きている』『病院へ行こう』は日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。
多忙を極める中、うつ病を患い仕事を中断。無気力と自殺願望に苦しむ毎日を送るが、2年間の療養生活を経て復帰する。

2004年の連続ドラマ『彼女が死んじゃった。』(日本テレビ)や、2007年のエッセイ『うつから帰って参りました』(アスコム)、後にドラマ化、舞台化された小説『配達されたい私たち』(小学館、後に角川書店から文庫化)でうつ病患者の心情を表現するなど、復帰後は人の内面に深く入り込んだ作風で高い評価を受ける。

NHK特集ドラマ『ラジオ』は、2013年に文化庁芸術祭大賞、ギャラクシー賞優秀賞、シカゴ国際映画祭テレビ賞金賞、菊島隆三賞など数多くの賞を受賞。2014年には国際エミー賞にもノミネートされた。

「2018年 『感動コミックエッセイ さよなら、うつ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

配達されたい私たち (角川文庫)のその他の作品

一色伸幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

配達されたい私たち (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする