FINE DAYS (角川文庫)

著者 :
制作 : デ:高柳 雅人 
  • 角川書店
3.62
  • (5)
  • (29)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 273
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041007938

作品紹介・あらすじ

余命いくばくもない父から、三十五年前に別れた元恋人を捜すように頼まれた僕。彼らが住んでいたアパートで待っていたのは、若き日の父と恋人だった……。新世代の圧倒的共感を呼んだ、著者初の恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋愛小説だけど、不思議な話だった。高校時代の美女やお父さんの昔の恋人に会ったり、大学院の女の子が年下の男の子の秘密を知ったり、3つ上の契約社員とつきあったり、青春あり、大人な恋愛あり盛り沢山な短編集だった。

  • 本屋で本多さんの新刊を発見したので購入。
    しかし、「このタイトル・・・・見た事ある気がする。」
    ↑深く疑わず、読み始めました。
    読めば読むほど、記憶がよみがえる。

    ちょうど一年前に違う出版社から出てた同じ本を読んでました。

    悲劇。

    悔しかったし内容はほぼ忘れてたので新しく購入した方を再読。
    やっぱり以前と同じシェードが好き(笑)

  • 少しホラーっぽい不思議な4つの話
    爽やかな恋愛小説と期待してたのだけれど、全然違いました。
    「イエスタデイ」は「異人たちとの夏」、「シェード」はO.ヘンリーを思い出した。

  • 4本の短編集でした。久しぶりに短編集もいいなと思いました。ホラー?系2本と心温まる系2本でした。短編集とは思えないくらいボリュームもあって何度も読みたくなる本だと思いました。

    FINE DAYSはホラー?系
    転校して来た訳ありな女子高生には、関わる人が祟られるという奇妙な噂がありました。結末が世にも奇妙な物語みたいで、面白かったです。

    イエスタデイズは温まる系
    余命僅かな父から頼まれたのは結婚前に付き合ってた彼女を探すことでした。時間軸が行ったり来たりで大変でしたが、若い頃の父親の姿が凄くかっこよかったです。最後のシーンの主人公も必死でした笑

    眠りのための暖かな場所はホラー?系
    自称妹を殺した姉の過去を振り返る話。姉の罪と訳あり登場人物(の姉?)の奇妙さが、怖いけどやみつきでした。無口なのにいつも微笑んでるってこんなに怖いんだなと思いました笑

    シェードは温まる系
    彼女のマンションに行く途中にある中古屋。そこにおいてあるランプシェードにはある言い伝えがありました。語り手のおばあちゃんがゆっくり話しているのが、忙しなく過ごしていく今の私にゆっくり休めと言っているようでした。言い伝えは切ない内容だけれど、なぜか温まるような気がしました。ガラス工房とか街中でみたら、また思い出す気がします笑 ロマンチックな話でした。


    それぞれ印象的で、世にも奇妙な物語を見れない私には文面だと調度良かったです。

  • 屋久島からの帰りのフェリーで一気に読み切った一冊。たぶんにかいめ。社会的に低い地位のひとたち(差別したいわけではないけれど)とか自分に馴染みのないひとたちのことがいろいろ書いてあって、少し戸惑ったけれど、いろんな感情の欠片が散りばめられていた。

  • 本多孝好はよく「村上春樹チルドレン」と称され、この作品を読んでみてもそのことがよくわかるのだが、肝腎の村上作品とは評価がおおきく異なるように感じた。私自身は村上春樹の熱烈なファンであるけれども、そのこととは関係なしに、本作はあまり出来がよくないように思う。よくもわるくもファンタジック(あえてこの語を使っている)な世界は、たしかに村上春樹的ではあるのだけれども、本多孝好の場合はただそれだけで終わってしまっていて、村上作品にはかならずあるような大事なもの――言葉ではなかなか表現しづらいが、リアルとファンタジーの橋渡し役となる重要な物質だ――みたいなものが欠けていて、読み終わっても「ふ~ん、そうなんだ」という感じで終わってしまう。必要なピースが欠けたジグソウ・パズルを見せられているような感覚だ。「劣化コピイ」という言葉があるが、村上春樹にとっての本作がまさにそれで、申訳ないが出来の悪い弟子が代筆した村上春樹作品はこんな感じになるのだろうと思う。本音をいえば、2つ星にするほどつまらないというわけではないのだけれど、あえて積極的に評価すべき理由も見当たらない。内容に独自性もなければ、特別な読後感もない。これが推理小説ならばまだ救いはあるのだけれど、そういうことを志向していない作品だからただただ苦しい。必然、手厳しい評価にせざるをえない。気になっている作家ではあったのだが、この調子ではもう2度と読まないかもしれないし、そこまでゆかないにせよ、すくなくとも東京五輪の頃までは手を伸ばすことはないだろう。

  • 表紙と帯に惹かれて購入。
    もっと青春の甘酸っぱい感じを予想してたのに、読んでみるとなんだか不思議なお話。
    ランプシェードがお気に入り。
    でもまだ全てを読み切れてない気がする。何年かしてから、読み直してみようと思う。

  • 20130524

  • ほのかな優しさ、希望が心にしみる短編集

  • 爽やかなのに,ちょっと怖い青春ストーリ,表題作の「FINE DAYS」,余命いくばくもない父からの願い,過去と現実を行き来する物語「イエスタデイズ」,姉弟の隠された闇と恐怖を描いた「眠りのための暖かな場所」,そして最後はO.ヘンリーを彷彿とさせる,感動のラブストーリ「シェード」.全4編.贅沢な一冊でした.

全24件中 1 - 10件を表示

プロフィール

本多 孝好(ほんだ たかよし)
1971年、東京都生まれ。弁護士になるため慶應義塾大学法学部に入学したが、大学4年生の時、同じ学部の金城一紀に小説執筆を依頼されたことがきっかけで、作家を選択肢に入れる。弁護士になるか迷っているさなかの1994年、「眠りの海」で第16回小説推理新人賞を受賞し、作家となることを決心。
以降、1999年『MISSING』で単行本デビュー。
2008年短編集『FINE DAYS』に収録された『イエスタデイズ』が映画化されたのを皮切りに、『真夜中の五分前』、『ストレイヤーズ・クロニクル』、『at Home』など映画化された作品多数。その他代表作として、『MOMENT』など。

FINE DAYS (角川文庫)のその他の作品

FINE DAYS (祥伝社文庫) 文庫 FINE DAYS (祥伝社文庫) 本多孝好
FINE DAYS (角川文庫) Kindle版 FINE DAYS (角川文庫) 本多孝好

本多孝好の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

FINE DAYS (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする