レヴォリューションNo.0 (角川文庫)

著者 : 金城一紀
  • 角川書店 (2013年6月21日発売)
3.60
  • (17)
  • (31)
  • (44)
  • (3)
  • (2)
  • 358人登録
  • 35レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008317

作品紹介

オチコボレ男子高に入学した僕らを待ち受けていたシゴキ合宿。欺瞞に満ち溢れた世界に風穴を開けるため、大脱走計画を練るうち、世界に熱い血が通い始める。ザ・ゾンビーズ結成前夜を描くシリーズ完結篇!

レヴォリューションNo.0 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良かった

  • 最後のシーンで鳥肌たった。必ずゾンビーズシリーズを全部読んでから読むべし。
    シリーズの中で一番好き!とは言えないけどやっぱりこいつら最高だ。

  • 主人公とその父親との会話がせつない。誰のために転入を勧めているのか、なぜ子どもが殴られた理由を聞かないのか。
    また自分が通う学校の教師である父親をもつ野口は父親の憎しみの対象でしかない。
    そんな彼らは大人を頼ることなく仲間を支え合う。

  • アホって真面目ってことだと思います。
    このゾンビーズシリーズとても大好きです。
    男の子ってことを思い出させてくれます。

  • ゾンビーズシリーズの始まりの物語。なんてひどい高校なんだよ。

  • こんな奴らと一緒に過ごしたら楽しいだろうなって思いました!
    生物の進化は常に危険とともにある。
    面白い本です。

  • 舞台設定がかなり強引すぎるので☆2つ。しかし、物語の進むテンポは、これまでのゾンビーズシリーズと同じく軽やかで読みやすい。加えて、金城一紀のファンなので☆3つ。

  • バカバカしくもあるけれど、逞しく愛すべきゾンビーズ。
    爽やかさと強さを貰える作品。

  • ザ・ゾンビーズのスタート。
    暴力教師マンキーに立ち向かうゾンビーズ
    飼い慣らされるな世界に牙を向け!

    少し内容が薄いので残念(´ー`)
    ゾンビーズのファンは必見!

  • 薄い本の中にゾンビーズの原点が詰まっています。
    ただ、もう少し長く読んでいたかった。

全35件中 1 - 10件を表示

レヴォリューションNo.0 (角川文庫)のその他の作品

金城一紀の作品

レヴォリューションNo.0 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする