九十九怪談 第四夜 (角川文庫)

著者 : 木原浩勝
  • 角川書店 (2013年5月25日発売)
3.27
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 57人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008331

作品紹介

米国育ちのEさんは幽霊など全く信じていなかったが、上の部屋の変な物音に悩まされ続けた。ある日、窓を叩く音がきこえ、やがて外からカーテンが…。最恐実話「港区のマンション」を初め99話を収録!

九十九怪談 第四夜 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しめた。
    短いので細切れの時間で読める。
    意図的に怖がらせようというのではなく、集めた話をまとめました、というつくり。
    いわゆる「怪」というのは、「ホラー」というジャンルと同じなのだと思った。
    ただ怖い話、と言うんじゃなくて、人智では解決•解釈の出来ない摩訶不思議な物語を指すという意味で。
    杉浦日向子の百物語の現代版といった趣き。
    ホタル、葛飾区、間取り、奈落、紅白、注意、港区のマンションが特に良かった。

  • 五歳の時ときどきおじいちゃんになってた話おもしろかった
    目新しい話が多くて満足

全3件中 1 - 3件を表示

九十九怪談 第四夜 (角川文庫)のその他の作品

木原浩勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印

九十九怪談 第四夜 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする