ラスト・メメント 兵士と死 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.47
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008546

作品紹介・あらすじ

彩乃の誘いで便利屋のバイトをすることになった和泉。遺品整理を頼まれた家へ赴くと、宿敵・透吾とはち合わせる。同じ依頼を請け負ってきたという、彼の思惑通りにはさせないと和泉たちは動き出すが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書録「ラスト・メメント兵士と死」3

    著者 鈴木麻純
    出版 角川ホラー文庫

    p94より引用
    “便利屋は供給過多で成功する人の方が稀な
    業界である。誰でも開くことはできるが、開
    業をしてもしばらくは仕事がないというのは
    当たり前。営業努力と多岐にわたる技術の習
    得、そして仕事の積み重ねによる信頼関係の
    構築が必須とも言われる。”

     趣味と実益を兼ねた遺品蒐集家を主人公と
    した、長編小説。シリーズ第三弾。
     曽祖父が描いた作品を集めている比良原貴
    士、思ったように進まない蒐集と死ぬまで評
    価されずに終わった曽祖父とを重ねて、モヤ
    モヤとするのだった…。

     上記の引用は、便利屋稼業についての一節。
    便利屋が必要とされるであろう、人の多い都
    市部だと、人の流れが早くて、出来た信頼関
    係が長く続かないような気がします。
    どんな業種でも、仕事を長く続けるのは難し
    いですね。
     何かに強くこだわると、他の人との諍いを
    避けて通ることは出来ないのだろうな、と思
    わざるをえない話の内容です。あまり気持ち
    の良いものでもないので、気分良く読み終わ
    りたい方には、おすすめできない一冊です。

    ーーーーー

  • 【おせっかいな写真家の卵・彩乃の誘いで、便利屋のバイトをすることになった和泉。

    老夫人の遺品整理を頼まれた先で、死を嫌悪する葬儀社の男・透吾と絵画蒐集のライバル・貴士に出くわす。
    故人の娘と息子がそれぞれ別の業者に依頼していたのだ。

    これまで死者の想いの数々を透吾に踏みにじられ、苦い記憶の残る和泉は彼の思惑を防ごうとする。

    そんな中、絵画<死者の行進>の一枚がこの家で見つかり……。

    遺品に宿る切ない謎、第3弾。

    あらすじより】

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1985年静岡県生まれ。2007年にwebサイト上で創作小説を書き始める。08年。「蛟堂報復録」で第1回アルファポリスミステリー小説大賞を受賞しデビュー。同書は以下7巻まで続く人気シリーズに。他の著書に『六道の使者』『ラスト・メメント』がある。

「2018年 『真夜中のオカルト公務員』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラスト・メメント 兵士と死 (角川ホラー文庫)のその他の作品

鈴木麻純の作品

ラスト・メメント 兵士と死 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする