臨床犯罪学者・火村英生の推理 III ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 角川書店
3.83
  • (14)
  • (37)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 263
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008706

作品紹介・あらすじ

推理作家・有栖川有栖の新作刊行と、犯罪学者の火村英生の誕生日を祝すささやかな宴。そこで見かけた、宝石チェーン社長で有名人の堂条秀一が殺された。しかもアリスの友人が容疑者で!? 新たな事件、始動!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホームズとワトソンがスマホでやりとりをしているこの時代に、アリスはラジカセでテープを聞きながらワープロで原稿を書いている(笑)シリーズが進むと2人も携帯を持つようになるのかな?

  • 今まで読んだ作家有栖シリーズは短編も長編も有栖川の迷推理が苦手だったけれど、これは面白かった。
    クラブとかワープロとか懐かしい単語もちらほら出てくるものの十分に楽しめる。
    最近軽い文章ばかり読んでいたせいか、情景描写もきちんとされていて、人が死ぬだけのミステリーにしては文章もしっかりしているのだと意外だった。

    絵のせいか2人がなんだか怪しく見えてしまう。
    新婚ごっこ…。
    これは、特定の人々が騒ぐわけだ、と納得。

    初回限定でカードが入っていたけれど、上下巻の表紙のタイトルロゴで、上巻は繭とダリらしき人物、下巻は女神像が隠れてしまっている。
    割りと重要なオブジェクトなのに、隠れてしまったから付属のカードで見えるようにしたのだろうか。

  • 有栖川さんの作品はビーンズで再販された「46番目の密室」を機に初めて読み、これで3作目ですが、なるほどビーンズ読者層にピッタリ合う~☆と、納得納得。火村センセと有栖川コンビって、“いかにも…”なキャラですねー(全然そう言うんじゃないけど)。男性二人でフレンチディナーとか、新婚の朝ごっこ?みたいなシーンって、あまり無いだろww。や、そっちに気を取られて肝心の事件を追うのが疎かに^^;なんて事はまるで無く、興味をそそる事件です。まだまだ真相の予想がたたず、下巻へ持越し。

  • 彼に最近あったのは? という警察からの問い合わせ。
    友人が、事件に巻き込まれたかと思ったら、家族。

    あらびっくり、な家庭環境。
    複雑と言えなくもないですが、円満ならよろしいかと。
    富が巨大すぎて、動機がありすぎて
    謎が多すぎて分かりません。
    すべては『すべて』に当てはまるのか。
    最後の状態は、どう覆るのか。
    そして当然の事ながら、人が多すぎる…!!

    どれほど入り浸っているんだ? と
    思わずにいられない、くつろぎっぷりですw

  • 上巻読了。ダリ髭ってどのくらい頑張ればできるんだろう。

  • 前編なので登場人物たちの紹介という雰囲気が強い印象。
    ただどの人物も一癖ありそうな人物ばかりで誰が犯人でもおかしくないと思わせるのがすごいところ。
    アリスと火村のやりとりも軽快でテンポよく読んでいける。

  • 作家アリスシリーズの第2弾。
    全国展開している宝石店チェーンの社長・堂条秀一が、別宅のフロートカプセルの中で死体となって発見された。
    フロートカプセルとは、巨大な繭のような形をしたカプセルで、その中に張った特殊な液体に浸かることで、心身の疲れを癒やすのだという。
    今回もまた事件解明のために警察に協力することとなった火村英生と有栖川有栖のコンビは、不可解なこの事件をどう解き明かしていくのか――――

    ******

    この角川ビーンズ文庫版だと、『ダリの繭』は第3弾として刊行されているんですね。元々の出版順だと第2弾はこちらのようなので、先にこちらから読みました。
    謎の多い事件ですが、探偵役の火村が少しずつ真相に近づいていきます。
    謎解きは、下巻でのお楽しみですね。

  • シリーズ2作目。
    アリスと火村のやり取りにはまった。読みやすく今後の展開が気になりページをめくるのが楽しかった。

  • 面白かったです。

  • 角川文庫のは1冊だったのになぜ上下巻になったのか…。
    一気に読みたかったよー。
    挿絵のせいならちょっと不服。
    ダリ社長はもっとどっしりしたおっさん想像してたのに結構ダンディ系だったりアリスがかわいかったりで相変わらず挿絵見ると一瞬誰だってなるのがとまらないw
    そしていつも通りトリックも犯人も完全に忘れて読みなおしてるから普通に続きが気になってる。
    火村さんの朝ご飯も気になってる。
    食べたい。

全29件中 1 - 10件を表示

臨床犯罪学者・火村英生の推理 III ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

有栖川有栖の作品

臨床犯罪学者・火村英生の推理 III ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする