あなたには帰る家がある (角川文庫)

著者 : 山本文緒
  • KADOKAWA (2013年6月21日発売)
3.65
  • (5)
  • (19)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :162
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041008720

作品紹介

平凡な主婦が恋に落ちたのは、些細なことがきっかけだった。平凡な男が恋したのは、幸福そうな主婦の姿だった。妻と夫、それぞれの恋、その中で家庭の事情が浮き彫りにされ−−。結婚の意味を問う長編小説!

あなたには帰る家がある (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秀明と真弓、この夫婦が茄子田家に絡みあっていく相関図はとても複雑で、でもドラマをみているような面白さがありました。
    寿退社して赤ちゃんを授かって、陽当たりのよいマンションで優しい夫と幸せな生活を送るはずだった真弓。
    けれど専業主婦であることの辛さから「また働きにでたい」と切望してしまう気持ちは痛いほどよく分かります。
    そして、働き出してからの夫婦がすれ違って互いに責任を押し付けあう姿も。
    この小説のすごいのは、私自身おなじ立場である真弓はもちろん、夫である秀明の言い分もよく理解できて感情移入すらしてしまえるところです。
    妻に対する蔑視や失望や憤り、よそに癒しを求めてしまう弱さも分かる。
    とことんリアルだった。
    家庭を築くということ、誰かとともに生きていくということの現実と真摯に向き合っている。
    最後の最後まで安易に逃げや救いを用意しない、山本文緒さんの徹底したスタンスがとても好きです。

    家族は、家族であるかぎり、ずっと家族なんだ。
    家を持つということは、自分の一生をそこにすっかり預けてしまうということである。
    帰る家があるというのは、なんて頼もしくて、鬱陶しくて、幸福なんだろう。

  • 「あなたには帰る家がある」
    TBS系、金曜22:00~
    放送開始日:2018年4月
    キャスト:中谷美紀、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江
    http://www.tbs.co.jp/anaie/
    Youtube https://youtu.be/1QzjrBuyNqg

  • 誰もが結婚した時には、一緒にいられるだけで幸せって思っていたはず。お互いを思いやる気持ちだって確かに存在していたはず。その気持ちをずっと持ち続けることって難しいことなのかな…

    夫に愛され、守られ、なんの心配もない毎日を過ごすことができていること。そして、家族の待つ帰れる家があること。そんな幸せを忘れかけていたことに気付かされた。

  • ドロドロしている。仕事、プライベートの両立はお金、成果より気の持ち様だということがわかった気がする。

  • 山本さんの著作で読み逃していた本。

  • 随分前の"金妻シリーズ"を思い浮かべた。
    真弓と茄子田の人物設定が面白いです。
    真弓は結婚して子供も居るのに世間知らずで子供っぽいが、芯がしっかりしている。
    一方で茄子田は男として、夫として、親として最低なヤツだが、家を守る家長としては憎めない一面を持っている。
    そう考えると一番ダメなのは秀明なのかな。
    無気力だもんね。
    伴侶や子供のいる家を失ってまで、得られる幸せは無いんですよ!
    ...そんな物語でしょうか。

  • その先のことを深く考えずに結婚を決めてしまった人達の、何となく送る人生の中に訪れた思いがけない出来事。本人の意識の変化。それにしても、ちょっと世界が狭すぎるな。

  • 終盤の綾子の壊れっぷりがすごかった…。
    彼女は結局茄子田家に帰ったかどうか気になる。。

    眠れるラプンツェルの汐美と本作の真弓は同い年で同じマンションの部屋の隣どうし。
    そういった共通点はあるけど、物語の結末や二人の性格には明らかな違いがあって、あえて対比したのかなと思う。
    山本文緒さん好きで片方しか読んでないって人はぜひもう片方も読んでほしい。
    色々な違いが面白いから。

    真弓は最後の方で、働いてた頃の秀明の苦労がわかって、本当の意味で働くことの大変さを実感したのだと思う。
    この作品は三人称、というか複数の人間の視点から描かれた小説。
    それが興味深かった。
    あなたには帰る家がある、ってタイトルが印象的。
    個人的には綾子が秀明に言ってるイメージが強い。
    表紙のイラストの影響かな。

    20年後のあとがきを読んで、巻末の作品紹介を読んでたら、他のも読み返したくなった。

  • 実際、この小説はすごいと思う。いやになるほど人が生きてる。

  • 姉に貰った本。山本文緒はエッセイが好きな感じじゃなかったから興味がなかったけどなかなかどうして面白かった!

全15件中 1 - 10件を表示

あなたには帰る家がある (角川文庫)のその他の作品

山本文緒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたには帰る家がある (角川文庫)はこんな本です

あなたには帰る家がある (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする