人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)

著者 :
制作 : 村枝 賢一 
  • 角川書店
3.63
  • (14)
  • (32)
  • (33)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 198
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009086

作品紹介・あらすじ

石ノ森章太郎のあの名作「人造人間キカイダー」を、大人気作家・松岡圭祐が完全小説化!! 読み応え十分の本格冒険SF小説の傑作が日本を震撼させる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつてアシモフが唱えた「ロボット3原則」に手塚治虫は悩み、アトムは苦悩した。漫画家として同期の石ノ森章太郎は童話『ピノッキオ』になぞらえて人形(機械)が人とならんとする為に悩むロボットの姿を描いたのが『人造人間キカイダー』である。子供向けのアクションヒーローとしてテレビ放映され、またシリアスでハードなストリー展開でオリジナルOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)としてもリメイクされた傑作は、2013年、新たにベテランエンタメ作家の松岡 圭祐の手によって現代を舞台に更なるリアリティーを持って小説版としてリメイクされたのが本書。
    原作者石ノ森の描く漫画の基本ストーリーを踏襲しつつ、ビジュアル的な設定はテレビ版の設定やプロットを生かしながら松岡の持ち味である現代のロボット工学のテクノロジーも加味することで説得力のある綿密なシノプシスの構築がなされテンポの良い展開は「大人の鑑賞に堪えうる」質の高いエンターテイメント小説として蘇った。
    映像化を前提にしたノヴェライズはシーンごとに章が割り振られ、読むほどに場面を脳内ビジュアルとして描ける計算された文章は数々の作品を映像化されてきたヴェテラン作家松岡の真骨頂とも言えよう。昨今濫作されるキャラクターアイテムのリメイクの中で安直なノベライゼーションで終わらせることなく、しっかりした小説版は『-The Novel- 』を謳っても納得できる。

  • テレビで「人造人間キカイダー」をリアルタイムで観た世代です。
    大変面白く読ませていただきました。
    上手に現代に合わせた設定になっていますね。
    無線LANを拾い、携帯電波を体内から発し、有機ELを身にまとい爽やかな青年に擬態する。
    テレビでは説明不足だった半身が赤・青になっている理由、良心回路の構造、ギルの悪魔の笛の音がキカイダーに及ぼす機械的作用。
    いや~上手い!
    そして往年のファンが泣いて喜ぶギターを弾きながらの登場シーン。もう拍手喝采です。
    最初の敵はグレイサイキング。ダブルチョップや大車輪投げまで出てきたのには笑いました。サービス精神満点ですね。
    そして必殺技は「デンジエンド!」もう涙ちょちょぎれです。
    後半あまりにもサービス精神旺盛で初期敵役ロボットがうじゃうじゃ出てきたのは少し興醒め。
    ヒトデムラサキなんて2頁で爆発、完全に雑魚キャラ扱い、可哀そう!
    プロフェッサーギルを倒しジローは何処ともなく去っていく。
    但しマリ(ビジンダー)はシャドーに転職し色違いのハカイダーは健在の様子。しかもキカイダーのプロトタイプは太陽電池で動く設定。これってゼロワン?
    やっぱり本職の作家さんが書いたら面白いわ。サイボーグ009も人に書かせたら良かったのに。続編希望!

  • 小説を書くには特別な才能が必要だと常々思っていますが、ジャンルを問わずに様々な分野の小説を書くというのは、さらに特別な才能が必要なのではないかと思います。今回読んだ一冊は、そんな「特別な才能」を感じさせてくれる一冊でした。

    "2014年映画化。石ノ森章太郎の伝説的名作が本格SF冒険小説となり蘇る。震災後の日本、二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくして、彼の娘である女子大生の周辺にあやしい男たちの影がちらつきだす。赤と青半身ずつという異形のアンドロイドはなぜ誕生したのか。『催眠』『万能鑑定士Qの事件簿』『ミッキーマウスの憂鬱』の松岡圭祐により生まれ変わった、驚異的な面白さを誇る長篇登場。(「BOOK」データベースより)"

     「人造人間キカイダー」は石森正太郎さん原作の特撮ヒーロー物で、昭和47年にテレビ放映が開始されました。「不完全な良心回路を持ち、善と悪の狭間で苦悩する人造人間」という設定で、ヒーローなのに苦悩するというところが他の変身ヒーロー物とは異なっていました。

     私も当然のことながら毎週楽しみに放映を見ていました。今でも主題歌をそらんじることが出来るぐらい熱心に見ていたんですよね。

     人造人間キカイダーは他のヒーロー物と違い、見てスカッとするというよりはキカイダーが苦悩するのを見て「大人はなんだか大変なんだな~」と思っていました。ある意味では、当時のヒーロー物としては異質だったんですね。

     松岡圭祐さんの小説は「催眠」や「千里眼シリーズ」でたちまち虜になってしまいましたが、その後「万能鑑定士Qシリーズ」や「ミッキーマウスの憂鬱」など、それまでのシリーズとは趣の異なる小説も素晴らしいなと思っていました。

     そこにきて今回の「人造人間キカイダーTheNovel」という、さらに趣の異なる作品を書かれているというのには驚かされましたし、その内容も非常に素晴らしくてグイグイと読み進めてしまいました。

     この作品の素晴らしいところは、私達のようなテレビでの放映を知っている世代が記憶しているキカイダーの世界を踏襲しつつ、現代のテクノロジーや実際にありうる近未来の技術などが織り込まれているところだと思います。

     そして何よりも素晴らしいのは、石森正太郎さんが描かれた「善と悪の狭間で苦悩する人造人間」という原作の設置がそのまま持ち込まれているだけではなく、それを松岡ワールドでさらに奥深いものに仕上げているところだと感じました。

     大人が読んでも子どもが読んでも楽しめる一冊。人間の業の深さや哀しさなども味わえる一冊です。

  • 原作しらないけど、現代にもすんなりあってた感じ。

  • 元の作品は実は読んだことないのですが、松岡圭祐さんの新作だったので買ってみました。
    震災後の現代版、面白かったです。
    松岡さんの最近の作品は、人の死なないミステリ・万能鑑定士シリーズですが
    本作品は全然そうでなく、千里眼シリーズを思い出しました。

  • さあ、機械的に行こうか。
    平成の世にあの懐かしのキカイダーが甦る。

    この本を見つけた時は「なんで今更キカイダーなの…?」だったけど
    うわーこれおもしろいわ!さすが松岡圭祐!!
    千里眼シリーズも「んなバカな!?」と思いつつも読まずにいられなかったけど
    これもまた細かいツッコミをぶっ飛ばすだけの疾走感あり。

    何も考えずにとにかく読もう。
    全てを忘れてこの物語に没頭すれば明日の奇跡を信じられるかもしれない。

  • 2014年映画化。石ノ森章太郎の伝説的名作が本格SF冒険小説となり蘇る。震災後の日本、二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくして、彼の娘である女子大生の周辺に怪しい男たちの影がちらつきだす。
    赤と青半身ずつという異形のアンドロイドはなぜ誕生したのか。
    「催眠」「万能鑑定士Qの事件簿」「ミッキーマウスの憂鬱」の
    松岡圭祐により生まれ変わった驚異的な面白さを誇る長編登場。


    私、原作?のキカイダーは知らないのです
    何となく名前だけ知っていたって感じです
    だからキカイダーが好きだから買ったわけでは無くて、松岡圭祐が好きだから買ったんです
    でも面白かったよ~
    昔のアニメなのに、現代風にちゃんと変えられてあって、もちろんSFだから
    現実味は無いけど、今の時代のものとして読めました
    そして、途中からキカイダーが可愛いそうで、ロボットなんだけど
    健気に戦う姿、心に近いものを持ってしまった切なさがなんとも・・・青い色の医療救護救難用のゼロダイバーと赤は戦闘用のフュージティブ・フロム・ヘル 両方兼ね備えたキカイダー,
    本人は(人ではないか)全身ブルーになりたいんだよ・・・・切ない
    あとは変身時のセリフがカッコイイ
    「コンバージョン、アンドロイドモード」”ミッションコード=キカイダー”
    戦う場面が多すぎて、眠くなっちゃってなかなか読み終えられなかったんだけど読み終えたときには達成感 面白かったです

  • レジェンド的に名前やあの外観は知ってましたが、
    こんなに面白いとは。
    今風でも、昔の特撮的設定があり。
    「ロボットなのに」って悩んだりする、
    ロボットものとしての押さえるところもしっかり。

    実は”ハカイダー”も好き。

    さ、機械的にいきましょうか。

  •  懐かしい、アニメがTVで放映していた当時、ラジカセでテーマ曲を録音していたことを想いだす。キカイダーの変身前の姿が有機ELの立体映像って・・・時代がやっとキカイダーに追いついてきた(笑 

  • 面白かった( ´ ▽ ` )ノ。

    他愛のない昭和の子ども向け特撮番組を、徹底した後付け・理屈付けでよくぞここまで合理化できたものだね( ´ ▽ ` )ノ。
    空想科学読本ぽいけど、あっちよりずっと上質かつ原作愛にあふれている( ´ ▽ ` )ノ。
    「変身」の超科学的説明に感動( ´ ▽ ` )ノ。
    悪の組織(ダーク)の成り立ち・経済収支の考察にも恐れいった( ´ ▽ ` )ノ。


    博士の「変装癖」とかエレキギターなのにアコギの音色とか4色セットのハカイダーとか、往年ファン向けのくすぐりも楽しい( ´ ▽ ` )ノ。
    キカイダーのピノキオコンプレックスやロボット心理学については、原作漫画と異なる突っ込んだアプローチがなされている( ´ ▽ ` )ノ。
    「来世に希望を持てないロボットは人間以上に『死』を恐れる」という考察は、斬新でとても興味深かった( ´ ▽ ` )ノ。
    これだけでもノベライズした意味はあったといえる( ´ ▽ ` )ノ。

    難点を上げると、用語使いの癖が強くて、具体的にどんな動きをしてるんだかよくわからないところ(特に戦闘シーン)が多々あったのが残念(>_<)。
    あとミツコのキャラ、必要以上に自意識過剰だったり趣味が極端だったり(恋愛ゲーム好きとかプリキュアコスとか)、少々いじくりすぎかな?(´ェ`)ン-…。

    01につながるようなラストだけど、続編は書かれたのかな?( ´ ▽ ` )ノ。
    シャドウはたしか、宇宙人組織だったよね( ´ ▽ ` )ノ。
    どんな展開になるんだろう?( ´ ▽ ` )ノ。
    イチローはどんな過程で仁王像に隠されたのかな?( ´ ▽ ` )ノ。
    でも、それよりこの調子で「ロボット刑事」をやってほしいな、と強く思った( ´ ▽ ` )ノ。シリーズ化前提で( ´ ▽ ` )ノ。絶対面白くなること間違いないと思うよ( ´ ▽ ` )ノ。

    ブクログレビュー、キカイダーファン世代と全然知らない世代に完全に分かれているね( ´ ▽ ` )ノ。
    ハワイじゃ「キカイダーの日」が制定されたくらい、大々大人気の番組だったんだよ( ´ ▽ ` )ノ。

    2016/05/03

全40件中 1 - 10件を表示

人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)に関連するまとめ

人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする