少年陰陽師 天狐の章・三 冥夜の帳 (角川文庫)

著者 :
制作 : 三木 謙次 
  • 角川書店
4.00
  • (4)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009109

作品紹介・あらすじ

安倍晴明に命の刻限は迫っていた。彼の、そして孫の昌浩の中にも流れる天狐の血が、その命を削っているのだ。一方、天狐・晶霞と凌壽の確執、さらに中宮章子を狙う怪僧の攻撃に昌浩は巻き込まれて!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悪役が強すぎてつまらない。清明も弱ってるし。

  • 2013.9.13 pm3:37読了。いいところで終わった。次巻がかなり気になる!展開が早いので思わず一気に読み。面白かった。道反の珠はせっかく巫女からもらったのに、あんなに簡単に壊れちゃっていいのか。これからどうやって力を抑えるのか気になる。とにかく早く文庫化して欲しい。

  • もっくんがもっくんでもっくんだぁー(^^)/万歳。
    高龗神の登場の仕方がすっごく格好よかった(*^^*)
    次巻がたのしみーーー。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

少年陰陽師 天狐の章・三 冥夜の帳 (角川文庫)のその他の作品

結城光流の作品

ツイートする