怖い絵 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.76
  • (65)
  • (140)
  • (108)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1421
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009123

作品紹介・あらすじ

残酷、非情で甘美……名画の“怖さ”をいかに味わうか、そんな新しい鑑賞法を案内する大ヒットシリーズの第1弾、待望の文庫化。ラ・トゥール『いかさま師』、ドガ『踊り子』など20点の隠れた魅力を堪能!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目は口ほどにものを言う……をまさに体現したようなこの表紙。芯からぞぞぞっとします。怪奇ものやホラー系が苦手なので、この何とも背筋が凍るような女性の目と「怖い」なんてタイトルがついた本を自ら手に取るとは思ってませんでしたが、ブク友さんのレビューを読んで文庫の方で挑戦してみました。その結果、中野京子さんの語り口が面白く、興味を持って読む、絵を鑑賞する事ができました。ブク友さんは、絵を見返さないように気をつけておられましたが、わたしは一文読むごとに、「え、そうなってたっけ?」と記憶力がなくてあやふやなので、何度も絵を見返さなくっちゃダメでしたが……^_^;
    この表紙のラ・トゥール『いかさま師』のように怪しさと人間の奥底に潜む悪の部分が、絵画鑑賞したことのないわたしでさえも見るからに伺い知れるような絵画から、何故この絵が怖いの?と不思議に思えるものまであります。そちらの方が実は怖かった……
    絵の中にひっそりと植え付けられた悪や狂気の種。「悪」は疎まれ拒絶されるばかりかと言えば実はそんなこともないでしょう。なぜか人々は悪に魅力を感じ、恐怖を楽しみたいという感情もあります。「悪」の種はそんな人々の恐怖への欲求を肥料として魅惑的な花を咲かすのでしょうか。

    ルドン『キュクロプス』なんてストーカー事件のニュースを耳にする度に、これから思い出してしまいそうです。ルドンの描くキュクロプスのひとり、幼児的ポリュペモス。英雄の敵であるはずのの巨人が、なぜこんな悲しげな表情を浮かべているのか、その表情の奥に隠された不気味な怖さは何なのか。その源がルドンの生い立ちを知ることによって見えてきます。そして中野さんのお話はそこで終わることなく、最終的にこの絵を描くことで彼が何を客観視出来るようになり、何を克服したのかまでを教えてくださってます。
    どの絵にも怖さの向こう側に見えてくるものが必ずあることを知りました。

    • nejidonさん
      地球っこさん、こんばんは(^^♪
      丁寧なレビュー、とても楽しく読ませていただきました。
      中野先生のこのシリーズ、語り口が癖になって次の本...
      地球っこさん、こんばんは(^^♪
      丁寧なレビュー、とても楽しく読ませていただきました。
      中野先生のこのシリーズ、語り口が癖になって次の本を読みたくなりますよね。
      そうそう、絵のページを一度見ただけで記憶したわけじゃないんです・笑
      解説を読んで「え?どこに描いてあったの?」の繰り返しでした。
      でもね、戻れなかったの、恐怖の方が強くて。。。
      それで、ただただ『前へ進め!』で読み続けたというわけです。

      それにしても、このように一冊の本になっているから読めるものの、美術館にわざわざ「怖い絵」を観には行きませんよね。
      集めてまとめて、読み手の好奇心を呼び覚ます中野先生の筆力は、脱帽ものです。
      次の本を読まれることがあったら、またぜひご紹介くださいませ♪
      2018/06/26
    • 地球っこさん
      nejidonさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(^^♪
      nejidonさんの、楽しいレビューのおかげで
      今まで手に取ら...
      nejidonさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(^^♪
      nejidonさんの、楽しいレビューのおかげで
      今まで手に取らなかったジャンルにデビュー
      出来ました。
      ありがとうございました♪
      怖いながらも最後まで面白く読めましたよ。

      nejidonさんのおっしゃる通り。
      わざわざ「怖い絵」を美術館まで観に行く
      ことは・・・無理っぽいです 笑


      2018/06/27
  • 美術館で絵画を鑑賞することが多くなると、その名画についての
    知識をもっともっととより深く知りたくなります。
    美術展で名画と向かい合うことが出来るのは、ほんの数分にも満たない
    下手すれば、数秒から数十秒でしかないごく僅かな時間なのですから
    なおさらです。

    そんな名画と向かい合った一瞬を、もう少し深く心に刻んでおきたい..。

    「怖い絵」は、とにかくどこの書店でもよく目に付いていました。
    "怖い.."というところには少し躊躇がありましたが
    気楽に向き合えるのかもしれないという思いで手に取りました。

    "怖い.."のは、その見た目から残虐であろうシーンを描いた絵である
    というのは当然ですが、中には見た目にはそれほどの怖さは感じられないのに
    実はその絵の影には暗黒の秘めたストーリーが隠されている...というような
    見た目だけではわかりようのない逸話なども解説されていました。

  • 残念ながら絵心は持ち合わせておらず、普段から美術館に通うタイプでもない。

    絵画と触れ合う機会もなく、人生を過ごしてきましたが、以前から読んでみたいと思っていた一冊を手にしてみました。

    私の解釈が正しいのか、間違えているのかわかりませんが、絵画を通じてその時代や、作品の背景、作者の人生等を知る(楽しむ)というのも絵画の楽しみ方なんですね。

    そう考えれば、本書は単なる解説書ではなく、一つの物語であり、歴史書でもあるような気がします。

    説明
    内容紹介
    残酷、非情で甘美……名画の“怖さ"をいかに味わうか、そんな新しい鑑賞法を案内する大ヒットシリーズの第1弾、待望の文庫化。ラ・トゥール『いかさま師』、ドガ『踊り子』など22点の隠れた魅力を堪能!
    内容(「BOOK」データベースより)
    「特に伝えたかったのは、これまで恐怖と全く無縁と思われていた作品が、思いもよらない怖さを忍ばせているという驚きと知的興奮である」。絵の背景にある歴史を理解してこそ浮き彫りになる暗部。絵画の新しい楽しみ方を提案して大ヒットした「怖い絵」シリーズの原点が、満を持しての文庫化。ドガの『エトワール』、ラ・トゥールの『いかさま師』など全22作の魅力。
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    中野/京子
    作家・ドイツ文学者。早稲田大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 何気なく綺麗だと思って見ていた絵にこんな裏側があったとは…
    絵の描かれた角度や表情、小物などから自分が思ってもみなかった話が出てくるのが面白い。

  • 知識が絵画鑑賞を面白く、奥深くするんだなというのが体感できる。
    クノップフの「見捨てられた街」には特別な感情がわいた。胸を締め付けられるような静けさと破滅に向かう痛ましさが際立っていて、前に発信する派手さではなく内にこもる主張というのがとても強く、そこに人の心を感じた。
    理屈抜きで恐ろしい絵もいくつかあった。迫力に目が離せない絵もあった。人生と切り離すことができない分、画家自身の表れでもあり、描かずにいられないとでもいうような絵画が胸にグッとくるものがある。
    自分の深いところをグラつかせるような絵画はいくつも存在する。そういうものに出会えることは幸せだ。
    いくらインターネットが発達して、世界のあらゆるものが簡単に見られるようになっても、実際作品を目の前にすることの重要さはいつの時代でも変わらないと思う。この本を読んで知った気になっているけど、本当の意味で知るためには現物を見るしかない。

  • 美術の授業のために久しぶりに購入した怖い絵シリーズ。以前読んだ新書に含まれていた絵も何枚かあったが、相変わらず面白い。絵は絵それ自体でも感動できるものもあるが、その裏に潜んでいる意味や背景を知るとその絵画に一歩近づいたような、親しくなったようなワクワク感がある。

  • 絵画の構成。
    描かれた時代背景。
    画家の人生。
    それらの説明文がまるで物語を読んでいるかのよう。

    ただ残念なのが、肝心の絵が小さくて見にくい。

  • 絵の裏側に隠された意味、時代背景、作者の人生等々の色々なものを含めて絵は出来ているのだと改めて感じました。
    ドガの踊り子とパトロンの関係は今まで見ていた視点ががらりと変えられました。
    ムンクが精神的に安定したら絵がダメになってしまったこととか知らないことが多くありました。

    文庫だから絵が小さいのが残念ですが色々と勉強になる本でした。

  • まさか一話目だけが面白いだけとは。。。
    一話目のバレリーナの話が面白く、読み始めたのだけれど一話目以外は蘊蓄としても局地的すぎてなかなか使えないような話しがつづく。
    唯一残ったのは一話目のバレリーナがパトロンの娼婦だった話とムンクが壮絶な生い立ちを歩んできたことによる心の病みが原動力となり数々の名作を生んできたが、45歳で療養して精神病が治ってからは才能が枯れてしまった話しだろうか。
    とりあえず後半は名前も横文字が多く結構苦痛でした。

  • 2017 読了。
    ドガ の「踊り子」の解説は面白かった。どこから観ているか、そしてそこから観ていることの意味とは…と、ただ絵を鑑賞するだけでは知ることが出来ない解説によりより深く理解できました。これを読んで以来、絵を鑑賞することが面白いと思うようになりました。もちろん解説はしっかり読みます!

全137件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家・ドイツ文学者。北海道生まれ。2017年「怖い絵展」特別監修者。「怖い絵」シリーズ、『名画に見る男のファッション』「危険な世界史」シリーズ(すべて角川文庫)、『新怖い絵』『怖い絵のひみつ。「怖い絵」スペシャルブック』(ともにKADOKAWA)『絶筆で人間を読む』(NHK出版新書)、『中野京子と読み解く 運命の絵もう逃れられない』(文藝春秋)、 『欲望の名画』(文芸新書)、「名画で読み解く イギリス王家12の物語」シリーズ(光文社新書)、『美術全集アートギャラリー第5集「ヌード」』(集英社)など著書多数。

「2020年 『新 怖い絵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

怖い絵 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×