神さまのいない日曜日III 生者の学園 (角川文庫)

  • 61人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 入江君人
  • 角川書店 (2013年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009161

作品紹介

百万都市オルタスを脱出し、荒野に戻ったアイは、ゴーラ学園という生者の学校に転入する。かつて、ハンプニーハンバートが通っていたというその学校には。不思議な力を持つ級友たち待っていた!?

神さまのいない日曜日III 生者の学園 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アイの初めての学園生活。というか、正者とのふれあいですねぇ。

    ただ物語としてはややだれている感じが……。

    冒頭、巻末のウッラとキリコのシーンが一番良かったと思わせちゃだめでは?

    伏線なのはわかっているんですけれども……。

  • 今回は最後に残された生者の学園へアイが入学するお話。

    その学校では、授業と称して奴隷のようなことが行われているのだが…

    相も変わらず、突飛な物語展開。
    このシリーズの終わりが全く見えない。

    結局アイがどうしたいのか、死者も楽しく生きている街があって、生きている人もいて。
    「世界を救う」ということ自体が想像付きにくいまま話が進んでしまっているような。

    うーん、3巻まで揃えたはいいものの4巻買うかは微妙。

  • 相変わらず、と。に違和感があるけど、三巻になっても変わらないということは、これで出版社側もOKしているんでしょうねー。
    むしろ誰か問い合わせしたことあるのかしら(笑)聞きたい回答。

    今回は学校…とは言えないけど、生者のティーンズとのおはなし。
    アイ、可愛かった。でもスカーがなぜ育児放棄してしまったのか、次の巻が気になりますー

全3件中 1 - 3件を表示

入江君人の作品

神さまのいない日曜日III 生者の学園 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする