新装版 螺鈿迷宮 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.61
  • (22)
  • (48)
  • (31)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 543
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009178

作品紹介・あらすじ

「この病院、あまりにも人が死にすぎる」――終末医療の最先端施設として注目を集める桜宮病院。黒い噂のあるその病院に、東城大学の医学生・天馬が潜入した。だがそこでは、毎夜のように不審死が……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマを見ていたから話も飲み込みやすいかと思っていたけど、やっぱり理解しきれなかった。海堂作品はただでさえ難しい領域の話なのに、ひねった表現をしたりするから、分かったような分からないような…そこが魅力なんだろうけど。もっといろいろ頭の中で処理できたらな、、
    まだ終末期医療についてはピンと来ない歳ではあるけど、というか、知識としてはあるけど現実味が無い、の方が近いか。なかなか答えの出ない問題ではあると思った。
    ……うーん、もう少しパキッとしたミステリが読みたくなってきた(笑)

  • 20180913 読了

    海堂尊作品を時間軸順に。
    ブラックペアンシリーズから気になってた桜宮のお話。
    バチスタシリーズに比べると終末期医療等を扱ってるからか全体的に暗い感じがする。
    内容的には天馬くんに少しイラっとするところはあったけど、すごく引き込まれて一気に読めた。
    欲を言うなら葵さんの事はもう少し深く書いても良かったのかな?と。
    最後はなんでこの人、とみんな思い込んでるのか不思議。

  • チーム・バチスタシリーズのサイドストーリー的な。巌雄院長、カッコいい。敵ながら天晴れ。いや、本当に敵なのか? 何だったのか? 誰に感情移入するかで、読後感が大幅に変わる。何度でも、面白く読めそう。

  • あーそう。
    これもまだ続くのね。

    で、やっぱりそうだよねぇ。
    すみれ先生じゃなくて小百合先生だよねぇ。
    小百合先生どこに行ったんだろうなぁと思っていたのだ。
    え?違うのか?

    今まで読んだ といっても、ブラックペアン3部作、白鳥田口ペアシリーズ2作品、そしてこの螺鈿迷宮の数冊だか、今作は一番重かった。

    ストーリーを楽しみつつ、すみれ先生の週末医療はありなんではないのだろうか?と。
    年齢を重ね、病を患い、ただただ治療にだけ専念してね と言う生活をしてしまうと、もういいかなぁと思ってしまうんではないのかな…なんて珍しく神妙にかんがえてしまった。

    さて、次ジェネラルルージュかな。

  • 他の作品に出てくる桜宮家の悲劇とは何なのか、この作品を読んでやっとわかりました。

  • 面白いのですが、死がテーマのため重く気持ちが沈んでしまう。そこに目を向けなければいけないのだろうけど。

  • 桜宮市のある病院を舞台にした「バチスタ」シリーズ外伝。再読恐らく2回目。「バチスタ」では中々登場しない白鳥の部下姫宮が登場したり最後にちょっと田口医師が登場したりと単なるシリーズ外伝ではないサービスと話の面白さがある作品。実際に有るような話ではなく、引き込まれるように物語を読んでいったが、こんな秘密な所があったりしたら、とんでもないなと思う。単体でも読めますが、「チームバチスタの栄光」と「ナイチンゲールの沈黙」を読んだ方が、登場人物がどういう人なのか深く理解ができると思う。感想はこんなところです。

  • 同著者の第3作。
    図書館で最初に「ゴーゴーAi」を見付けて何気なく読み、同著者を初めて知ったというモノを知らない自分。
    ”バチスタ”は知っていたけど読んだことも(映画とか)観たこともなかった。
    そこから”バチスタ”(第1作)から読み、2016年末にして、やっとここに至った次第。
    どんどん作品がこなれていくのを感じる。表現からイメージが広がり易くなっている。
    と同時に、第1作目から既に伏線が張られている点に驚き。
    多忙な中から、いつこんな創作思考・推敲をしているのだろう?
    ”医療を取り巻く様々なことを知らせたい”、”Aiの概念を一般の人達から普及・浸透させていきたい”という思いが有るとのこと。
    作品中にしっかり構成・組み込まれている。

  • 終末医療と復讐劇と言う
    暗くなりがちな話に
    クスリと笑える主人公を
    加えた少しホット出来るストーリである。

    ドラマになっていたと思う・・・・
    白鳥=仲村トオル?
    ドラマのイメージとかなり違って
    中々結びつかなかったし
    このドラマ自体も見た気がするが
    原作とは少し違うような・・・

    最後にすみれじゃなくて
    小百合が行き残っていたが・・・
    この続きもあるのか?

  • 新装版が欲しかったので購入。(研磨されたのしか見つけられなくて残念)ついでに再読。 
    天馬君、君は何も悪くないんやで。前を向いて生きてくれ。 
    今までで一番闇が深くて荷が重いお話。 
    ロジカルモンスターをもってしても追い詰めきれずに涙目敗走。 
    碧翠院桜宮病院がやっていたことに関しては、大いに議論の余地があることで、綺麗事ばっかり言ってちゃあ、人類は綺麗事に滅ぼされることになる。目を背けちゃあいけない。 

    唯一の癒し要素は姫宮。頭の良い馬鹿で有能(?)でかわいい、らしい。容姿についてはいまいちイメージがつかない。 
    続編も楽しみ。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 螺鈿迷宮 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする