銀河に口笛 (角川文庫)

著者 : 朱川湊人
  • 角川書店 (2013年7月25日発売)
3.64
  • (8)
  • (12)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :103
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009215

作品紹介・あらすじ

昭和40年代。小学三年生の僕らは秘密結社ウルトラマリン隊を結成して、身の周りの事件に挑んでいた。そんなある日、不思議な力を持つ少年リンダが転校してきて――。懐かしくて温かい、少年たちの成長物語。

銀河に口笛 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和40年代の下町に住む6人の子供たち。
    これはただのノスタルジー溢れる少年たちの成長物語ではない。
    6人のうち1人、転校してきた男の子『リンダ』。
    何とも不思議な力を持っている男の子で、どうやら地球の子供ではない。
    この設定が非常に素敵。

    そして子供たちの中の1人、『ミハル』は男の子なのだけれど、心は女の子。
    今でいう性同一性障害。
    今でこそ沢山の有名人が自分のジェンダーをカミングアウトして、
    多くの人達に様々な“性”があるのだと、世間でも知られるようになっているけれど、
    当時の日本でそれを表に出すのは、さぞ大変な事だったでしょう。
    最初は戸惑っていた子供たちだが、時間が経つにつれて『ミハル』を自然と女の子として見ているシーンがとても良い。

    子供の頃の記憶とは、どうしてこうもキラキラしているのでしょうか。
    懐かしさと不思議さがうまく交わって、とても優しい作品でした。
    他の星から来た子と仲良くなれるなんて、やっぱり
    とても素敵。

  • 昭和40〜50年代に小学生だった著者と同世代の人でなければたぶんツライ。どんぴしゃの世代なら、オレンジ色の空と歩道橋と建物、この表紙だけで郷愁に浸れそう。

    あのとき「ボク」たちが流れ星を追いかけた先にたたずんでいた「キミ」。35年前のことを回想しながら、ボクはもう会えないキミに語りかける。キミはきっと宇宙人。

    ウルトラマンに仮面ライダー、(たぶん)カンロ飴と、その頃を懐かしむ要素がいっぱい。だけど、ノスタルジックな小説の名手にしては期待値より上とは言えなくて、阪本順治監督の『団地』(2015)を観たときのような気分です。

  • 小学三年生の少年たちが奇妙な流れ星を見た日、不思議な力を持つ少年と出会う。身の回りに起こる事件を経て、成長する少年たちを描くノスタルジー小説。
    懐かしい昭和40年代の風景が甦る。少年時代の世界は狭かったけど、夢と希望は無限だった。それぞれの事情で、あの頃のようには再び戻ることはできないが、決して忘れられない日々である。朱川版「スタンド・バイ・ミー」。

  • 40代半ばとなった中年男性が少年時代のある時期に一緒に過ごした"謎の少年"との思い出を回顧するところから物語は始まる。朱川湊人お得意の当時の流行りや時代背景がマニアックに描写されており、空き地、探偵団、冒険、秘密基地等のキーワードは暗くなるまで遊び倒した"あの頃"を痛烈に思い出させる。子供同士の絆や友情、頑張っても頑張っても子供故の非力さにより世の中に対して何も出来ない悔しさが絶妙に描かれており、その苦味を噛み締めながら成長していくさまは涙を誘う。SFチックな要素を含んだファンタジー作品で全体的には陽気な内容ではあるが、貧乏、親の離婚、虐待、人の死、性同一性障害等のパンチの効いた出来事がスパイスとなり話を引き締める。死というものを考えた時、結局最後に残るのは生きてきたそれ迄のたくさんの喜びとたくさんの悲しみという本作のメッセージは胸に強烈に響く。

  • 心があったまる少年達のストーリー
    これを読むとなんだかホッとする

  • 今は図らずも遠く離ればなれになった友人に向かって語りかけるようにつづられた35年以上も前の少年時代の思い出。

    小学校3年の2学期の始業式の日に主人公モッチたちが通う小学校に転校してきた不思議な雰囲気を持つ少年リンダ。彼が小学4年の2月始め、つまり1年足らずで突然転校してしまうまでの間に起きた出来事を綴った物語です。

    それは、自分たち子供にはどうすることもできず味わう無力感だったり、人生経験に乏しい(それは子供であるが故に当たり前のことなのですが)ことによる無知・未熟さ、世の間の理不尽さにやり場のない憤りを感じながら、少しずつ大人になっていくことなのだと。

    昭和のあの時代に生まれ、少年時代を過ごした自分たち世代にとっては、何とも懐かしいキーワードがたくさん出てきます。あの頃の想い出は今となってはセピア色に色あせていますが、それでもふとした瞬間に天然色の映像を伴って蘇ります。

    数々出てきたキーワードの中で、一番私の琴線に触れたものは『スパイメモ』でした。自分は『スパイ手帳』と呼んでいたように記憶していますが、確かに所有していました。「水に溶ける紙」や「追跡シール」。あまりの懐かしさに悶絶してしまいました。(笑)

    ついぞお土産など買って帰った記憶がない私の父が、唯一出張の折に買って来てくれたのがこの『スパイメモ』だったものですから、このキーワードですっかり忘れていたそんな記憶が色鮮やかに蘇りました。

  • 宇宙人に、地球人の良さを教えられる物語。
    少年時代の純粋さを思い出す。

  • 「もう三十五年以上の時間が過ぎているのに、あの時の光景を思い出すと、僕はなぜだか息が苦しくなるような気がする。本当にどういうわけか――胸がドキドキしてくるのを感じるんだ。」
    全編を通して懐かしい気持ちが爆発する。まるで自分の思い出みたいに、心の奥からじわじわと、切ないような楽しいような眩しい気持ちが溢れて止まらない。

  • 面白かった!風の又三郎みたいですね。謎すぎる転校生!

  • 著者は私の三つ下。時は万博翌年の夏。著者の分身とも言える少年達は小学三年生の元気盛り。あっ!年がばれたか?それはさて置き、同世代人としては懐かしくて堪らないガジェットの数々が惜しげもなく披露される。久方振りに当時を思い出す。七話構成でミステリと言うよりは筒井康隆原作のNHKドラマ『タイムトラベラー』を見るような味わい。所謂、学園SFでハードSFに親しんだ今となってはバカバカしい設定だが、著者はそれを知った上で敢えて、中高年層と思われるターゲット読者の前で話を紡いでみせる。『風の又三郎』のテーマとも言える。

全17件中 1 - 10件を表示

銀河に口笛 (角川文庫)のその他の作品

銀河に口笛 単行本 銀河に口笛 朱川湊人
銀河に口笛 (角川文庫) Kindle版 銀河に口笛 (角川文庫) 朱川湊人

朱川湊人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

銀河に口笛 (角川文庫)はこんな本です

銀河に口笛 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする