魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.83
  • (41)
  • (70)
  • (71)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 721
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009499

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キキ、16歳。突然現れたケケ(12歳)にかき乱され、宅急便のお仕事やグーチョキパン屋さんでの暮らし、ジジやとんぼさんとの関係にじりじり、ピリピリ。

    自分らしさを見失い、不安や疑いの心でいっぱいになり、ケケへの嫉妬で押しつぶしされそうになるキキ。ジジが言うように、「特別」というのはつまり、自分をちゃんとつかまえられるかってことなのかもしれません。

  • 突然現れたケケという名前の不思議な女の子にキキが振り回されるちょっと苦い3巻。
    キキはケケに自分の居場所を取られてしまうんじゃないかと悩む。
    嫉妬なんだろうな…。ぐるぐると黒い感情が渦巻いてしまう。
    読んでいてその感情のかけらが自分の中にも同じようにあることを感じてとても苦しかった。

    誰かを嫌いになる時、自分のことも一緒に嫌いになっていたりする。
    相手に向かう気持ちの方が強いからあまり気付かないけど、明らかに自分のことも攻撃しているんだ。

    キキもケケに感じる苛立ちと同じかもしかしたらそれ以上に自分に対して苛立っているように思えた。
    それがすごく分かるからとても苦かった。

    最後のカラさんの歌の詞が好き。
    「自分が 自分に 出会うとき
     あなたにも いつかある
     自分が 自分に 出会うとき
     あなたにも きっとある」
    自分に出会う時は、たぶん一度きりじゃなくて、何度も何度も訪れる。
    それは楽しいことかもしれないし、苦しいことかもしれない。
    でもどんなに苦しくても、分からないままでいるよりずっといい。
    そう思った。

  • 魔女のケケという少女が同居し始めてから、
    キキは情緒不安定。
    今まで街の人たちと築いてきた関係をケケに取られてしまったと感じ、イライラしてしまう点に共感し辛かった。

    結局はないものねだりをお互いにしていただけ。

    とんぼさんとの遠距離恋愛の行方に期待

  • やさしい

  • これはこれでおもしろいんだけど、キキとジジは映画版の方がかわいらしかったな!(笑。身も蓋もない。
    子供向け童話調にしては時折刺しに来ますよね。いやはや。

  • 魔女の宅急便2を読んでから
    久々にこのシリーズを読んでみた。

    突然物語に現れた
    ケケって何者??

    気になって一気に読んでしまった。

    このシリーズって
    みんな、ニコニコハッピーな
    児童小説と思っていたけど
    今回はちょっと違ったね

    なかなか楽しめました。

  • キキが突然現れたケケに嫉妬をいだき、自分の気持ちをもてあまします。その気持ちと向き合うことができるようになったとき、またキキは成長します。
    そんなキキの姿にそんな気持ちになることあるよねって近親感を抱きました。

  • 突然町に現れた魔女?の女の子に振り回されて、周りのひとたちをどんどんとられていくような感覚に陥るキキ。少し大人になって自分の中にある持ちたくない気持ちに気づかされて自己嫌悪に襲われながらまた一歩成長していくお話。トンボさんとの関係はあまり進展しないですが、つい一緒に話しているところではにやにやしてしまいます。

  • 図書館で。
    ケケという妹分のような実に人の神経を逆なでするような女の子登場。たぶんキキの分身のような女の子なのかもしれない。自信満々で一人でも大丈夫で思ったことをすぐに口に出せるタイプ。ある意味強いけどキキから見たケケしか書かれていないので本当はもっと違う女の子なのかもしれない。
    それにしても思春期の女の子面倒くさい。面倒くさくてかなわんな~ってのが感想です。

  • 2014年、多分11冊目。
    お嬢さんの寝る前読み聞かせで半年くらいかかったかな?

    思春期真っ只中のキキのところに、不思議な女の子、ケケが現れる…と言うお話。
    思春期…遠くなりにけり、です。
    お嬢さん的にも、キキの年齢が上がって来て、難しくなってきたからかな…
    他の絵本やらを途中で入れながら、読みたいという時に読む、というスタンスでのんびり読んで行こうと思います。

著者プロフィール

角野 栄子(かどの えいこ、本名 渡辺栄子)
1935年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し、結婚して退職。1960年、25歳の時に自費移民としてブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、アメリカ文学研究者龍口直太郎の勧めによって、ブラジル体験をもとに描いたノンフィクション『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家デビュー。それから7年かけて、絵本・童話の創作も始めた。
産経児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、巌谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数の受賞歴がある。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。
2018年、「児童文学のノーベル賞」「小さなノーベル賞」と評される国際アンデルセン賞作家賞を受賞。代表作の『魔女の宅急便』シリーズ、『トンネルの森1945』が受賞声明で言及されていた。

角野栄子の作品

ツイートする