インヴィジョン・ワールド (角川スニーカー文庫)

著者 : 相川黒介
制作 : 凱 
  • 角川書店 (2013年7月31日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009512

作品紹介・あらすじ

イメージを現実化する夢の技術「SAR」。だが十数年前のある日、このシステムが暴走し、世界中の主要都市に謎の電脳迷宮が誕生した。神凪遥斗と緋桜杏奈の二人はSAR能力を駆使して電脳迷宮に挑むが!?

インヴィジョン・ワールド (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 俺つえーは良いんだけど、主人公の性格があんまり好きじゃなくてもんにょり。

    どうにもこういう系の主人公は合わないのかもなぁ。

  • 設定厨さえ乗り切れば楽しめる。

    インヴィジョン・ワールド  (けーた)
    http://blog.livedoor.jp/akinator/archives/32369987.html

  • イメージ具現化技術が浸透した近未来、その技術のエラーにより人間に仇なすダンジョンが出現してしまい、それに対抗すべく訓練された学生がダンジョン攻略を目指す話。今流行りのダンジョンものを、こういった設定で組み込んだか、といった感じ。
    つい先日発売したGA文庫の某落第なんちゃらと、キャラ設定から能力まで色々と被っていてタイミングが悪い。そちらに比べてキャラが薄い。
    イラっとしかこないツンデレというのも、ある意味珍しいと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

インヴィジョン・ワールド (角川スニーカー文庫)のその他の作品

相川黒介の作品

インヴィジョン・ワールド (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする