言葉の流星群 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.53
  • (3)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009680

作品紹介・あらすじ

残された膨大なテクストを丁寧に、透徹した目で読み進むうちに見えてくる賢治の生の姿。突然のヨーロッパ志向、仏教的な自己犠牲など、わかりにくいとされる賢治の詩を、詩人の目で読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賢治を読み始めて何時の間にか40年以上経ってしまった。「銀河鉄道の夜」にしろ、「土神ときつね」にしろ、詩にしろ、無数のその作品群をその時々に再読、再々読、再々々読をしてきた。こんなにも再読に耐えうる作家は、私の中では賢治ただ一人である。と、今初めてそのことを発見した。ちょっと驚き。

    池澤夏樹の賢治論は、この10年間で1番納得する賢治論だった。それは、一つに賢治と池澤夏樹の相似性に依る。科学者であると同時に詩人の心を持つ人、そして誠実で遠くに眼差しを持つ人。

    そんな池澤夏樹が賢治を聖人や伝記の中で語りたくない、純粋に作品に即して語りたい(「生活よりも才能の方が大きかった人の場合、伝記を重視すると才能が生活のサイズまで縮んでしまう」)、とケンジさんと呼びかけながら、賢治の詩を語り出したのが本書の大部分を占める「言葉の流星群」である。

    最初に1074番(1927.6.12)が選ばれた。全集の中にしかない詩である。けれども、とっても賢治らしい詩。流石である。

    青ぞらのはてのはて
    水素さへあまり稀薄な気圏の上に
    「わたくしは世界一切である
    世界は移らう青い夢の影である」
    などこのようなことすらも
    あまりに重くて考へられぬ
    永久で透明な生物の群が棲む

    私たちも空を飛ぶ夢を見る。けれども、詩人の想像力はさらに軽く上まで登る。最も軽い元素である水素さえそこは少ない、「青ぞらのはてのはて」そこに棲む生物は何を考えるのだろう。

    そこには確かに知的生命体はいるのだろう。しかし、あまりにも軽く重力は機能しない。だとすれば、形はないのだ。他に何もなければ彼らが「わたくしは世界一切である」と考えるのも当然。

    さらに世界は「移らう青い夢」「影」とさらに軽みを増す。そしてそれを逆接でつなげてそれすらも「重くて考えられぬ」とこの生物を描くのである。

    科学に裏付けられ、それすらも超える言葉の輝き。賢治の即興詩の中に、祈りにも似た思想が溶け込んでいた。いろんな再発見があった本だった。

    2013年9月21日読了

  • 『作品の細部を解く鍵を人生の側に探すという姿勢はどうにとゴシップ趣味で、ものほしげに見えて、好きでないのだ』
    初めてこんなことを語る批評家を見ました。確かにその通りで、自分が文学のアカデミックな批評が好きになれないのは、このゴシップ趣味が嫌だから、と言うのがあったのかもしれない。と言葉にならない気持ちに形ができた気持ちです。
    詩人が詩人を語るならば、距離をおいて、ゴシップ趣味に走らないですむ。カフカもそんな批評家に多く出会えるといい。

  • ・成熟拒否。理想を曲げない青年。
    ・科学と文学と宗教。
    ・都市と田舎の中間地点。
    ・自然。風景の中に精神的な意味を見つける。自然は人間に対し無関心。
    ・スピード感。
    などなど発見が多くあった。
    何よりも詩を改めて音読してみる機会になって、よかった。

  • 宮澤賢治の童話は幾つか記憶にあるけれど、詩は…雨にも負けずしか知らなかった。ページをめくっては戻り、めくっては戻り しながら時間をかけてじっくり読むと、心に少しずつ溜っていくものがある。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

池澤夏樹(いけざわ なつき)
1945年、北海道帯広市生まれ。1964年に埼玉大学理工学部物理学科に入学し、1968年中退。
小説、詩、評論、翻訳など幅広い分野で活動する。著書に『スティル・ライフ』(中央公論新人賞、芥川賞)、『マシアス・ギリの失脚』(谷崎潤一郎賞)、『花を運ぶ妹』『カデナ』『光の指で触れよ』『世界文学を読みほどく』『アトミック・ボックス』等多数。また池澤夏樹=個人編集『世界文学全集』、同『日本文学全集』も多くの読者を得ている。旅と移住が多い。
2018年9月から、日本経済新聞にて連載小説「ワカタケル」を連載。

言葉の流星群 (角川文庫)のその他の作品

言葉の流星群 単行本 言葉の流星群 池澤夏樹

池澤夏樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

言葉の流星群 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする