軍師 竹中半兵衛 上 新装版 (角川文庫)

著者 : 笹沢左保
制作 : 遠藤 拓人 
  • 角川書店 (2013年8月24日発売)
3.89
  • (4)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009697

作品紹介・あらすじ

美濃の斎藤家から織田家への使者に抜擢された竹中半兵衛は、信長のもとで運命の人・お市の方と出会った。やがて家督を弟に譲り、研究を重ねついに半兵衛流兵法を完成させる。戦国の世が半兵衛を求めていた!

軍師 竹中半兵衛 上 新装版 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恋愛要素も含んだ歴史小説。お市と半兵衛の関わりが描かれるのは新鮮。竹中半兵衛が好きなので、読んだけど引き込まれるところはなかったかな。淡々と読んだ。

  • 2014.4.23〜 5.7 読了
    金ヶ崎口の殿戦引き受け、鉄砲の3段構え、命令違反(北陸戦からの無断退陣)後の謹慎バカ騒ぎがはっきりと半兵衛の献策として描かれている。半兵衛とお市・お琴とのプラトニック・ラブ、女房・阿古との関係描写が小説っぽい。半兵衛がもう少し長生きしていたら官兵衛との関係は一体どうなっていたか?想像が膨らむ。

  • 20140208読。

  • 竹中半兵衛前半記。

    半兵衛が市に想いを寄せたり、
    赤丸の存在が少し斬新。

    あとは下巻が楽しみ。

  • 秀吉の名軍師竹中半兵衛、その生涯を描く。稲葉山城乗っ取り前から金ヶ崎退却直前まで。信長の妹・お市と運命的な出会いをするが、運命とは時に悲劇を引き起こす・・・

全5件中 1 - 5件を表示

軍師 竹中半兵衛 上 新装版 (角川文庫)のその他の作品

笹沢左保の作品

ツイートする