黄泉津比良坂、血祭りの館 探偵・朱雀十五の事件簿3 (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : THORES柴本 
  • 角川書店
3.69
  • (7)
  • (11)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 174
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009741

作品紹介・あらすじ

五百年の歴史を持つ十津川村随一の名家・天主家。寂しい山中の閉ざされた館で血族婚を繰り返す一族は、巨万の富を争い次第に狂気に蝕まれていく。奇怪な洋館で起こる猟奇殺人の数々とは。シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朱雀十五シリーズ3作目。
    出た当時はちょくちょくトクマ・ノベルズ版を読み返していたので、ストーリーをけっこう覚えていたが、今読むとペダンティックな割に文体に重厚さが欠けていてバランスが悪いように思える。
    バチカンの方はそこまで気にならないんだけどなぁ。

  • まるまる一冊かけて前章のみ、という書き方は後の島田荘司や京極夏彦もやっていたが、これが元ネタだったのか。でもこの作家さんは人間や物に対する装飾文章が無駄に長く行間や事件とあまり関係の無い薀蓄や擬音語をやたら書くので、無駄を切り捨てればギリギリ3巻と4巻を一冊にまとめられたのでは?という気がしないでもない。華子が1人だけ醜女なのには何か理由があるのか?それにしても姉がそこそこ美人で親戚の女が絶世の美少女だらけってかなりしんどい立場だな。14年後根暗の性悪になるのも無理ないわ。聖宝の肌の白さを表す「少女のように白い」という表現は軽くセクハラだと思う。

  • 天主家の人びとが風変わりなのは、隔離空間に住んでいるからだけでなく、近親相姦による精神疾患によるものでもあるのだろうな。
    私は隔離空間に住むのはその人の性格によっては悪いことではないと思っているのだが、隔離されすぎるのも考えものだと思った。そのくらいオドロオドロしい雰囲気の作品。
    沙々羅のことで加美にからかわれて赤面する朱雀が初々しい。この2人は多分将来的に何かしらあるのだろうな。

  • うわーこえーー!!!
    おどろおどろしいままだった!
    息子はやっぱり朱雀十五だったのね
    加美さんのキャラがよいけど役に立たなかったね
    でも誰の差し金だったのかしら
    犯人は死んでいた安道?
    それとも祖父?
    あーこわい
    腐臭は臭い
    でも嬉しいのは結局助蔵一家で、光道系なのだなあ

  • 朱雀十五が少年時代に父とともに訪れた洋館で次々と起こる猟奇殺人


    先代当主が建てた絢爛豪華な洋館の装飾には様々な意味が込められ
    一族に伝わる御宝の在処も洋館にヒントが隠されている

    妾が子供達と犯した罪

    天岩戸と魔笛

    次期当主と探偵の企み

  • 皆さんが仰っているように、一冊で長い序章になっています。天主家というものがどういう存在で、どのような歴史を持っていて、内部では各人のいかなる画策がぶつかり合っているのかを知る予備知識的な要素があると思います。建物や調度品等の描写が緻密で、イメージが追いつかないことが多々ありました。人物関係についても家系図にどれだけ助けられたか…。情報量が多いので読み応えがあります。
    天主家に纏わる一連の事件は本作では解決しません。物語に登場するような旧家特有の雰囲気が祟りという要素もあいまってより不気味さを増しており、独特の世界観が広がっています。本作ではまだ少年だった朱雀が14年後の現在どのように事件を解決していくのか、次作が楽しみです。

  • 長い!旧家で起こる完結してない惨劇、この一冊すべてが長すぎるプロローグだろー!。朱雀十五を華々しく迎えるレッドカーペットだと思えば、ま、いっか。加美探偵は前座って事でww。でも、この頃の十五は、そんなに性格が変じゃないぞ?冷静過ぎるほど冷静で、知性は迸ってるけど。

  • 新装で再文庫化したので購入。朱雀十五シリーズ第3巻。朱雀十五の少年時代。

  • 文字による視覚情報に頭がくらくらしてきます。
    今回特に言えるのは、事件の舞台となる屋敷の作りに対する説明が非常に具体的で詳細なこと。これでもかというくらい怪しげな装飾、家具調度、遺品、そしてあちこちに散らばる意味深な言葉・・・どれも印象的な描写で、再登場した際には「あ、あれだ!」と思い浮かぶのが、ちょっと頭がよくなった気がしてうれしいです。
    想像力が追いつかない描写もありましたが、最後まで読み終わるころには屋敷の大体のイメージが頭の中に描けるようになっていました。
    そして、事件は終わらず次巻に続く・・・

    ちなみに、カバーの後ろにもあるように、彼は十五です。別シリーズではありません。
    想像よりも結構素直だなと思いましたが、それは加美視点だったり執事視点だったりしたからでしょうか・・・次巻から本気出しそう。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪府出身。1998年『陀吉尼の紡ぐ糸』でデビュー。ミステリーや伝奇など、多岐にわたるジャンルで活躍する。著書に『バチカン奇跡調査官』シリーズ、『陰陽師 鬼一法眼』シリーズ、『太古の血脈』など多数。

「2018年 『バチカン奇跡調査官 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黄泉津比良坂、血祭りの館 探偵・朱雀十五の事件簿3 (角川ホラー文庫)のその他の作品

藤木稟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黄泉津比良坂、血祭りの館 探偵・朱雀十五の事件簿3 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする