シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 三川みり
制作 : あき 
  • 角川書店 (2013年8月31日発売)
4.09
  • (22)
  • (28)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 203人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009758

作品紹介

銀砂糖がなくなろうとしている!? 銀砂糖師のアンは、国王陛下から直々に詳しい調査をせよとの命を受け、恋人となったシャルと共に「最初の砂糖林檎の木」へ向かおうとするが、最大のピンチが訪れて――!?

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ12巻目。(砂糖林檎編の3巻)

    砂糖林檎が消えてしまう・・・。
    ヒューからもたらされた知らせはアンたちに大きな衝撃を与えた。詳細を知るために国王陛下の元を訪れた砂糖菓子職人たちはそこで「銀砂糖がなくなろうとしている原因を探れ」という勅命を受ける。調査を開始したが一向に結果を得られず、不安と動揺が職人たちの間を駆け巡る。そんな中、アンは最後の銀砂糖妖精ルルの言葉を思い出す。

    怒涛の展開。これでもかというぐらい大変なことが起こり、ハラハラドキドキしっぱなし。一気に読んでしまいました。やっぱりこの話は面白い。読ませ方が上手い!作者が少しずつ前から仕込んでた伏線がここに来て一気に浮上。まさかの最初の銀砂糖が関わってくるなんて!上手いなぁ~。

    最初の砂糖林檎の木の存在が人間と対等になろうとする妖精の武器に成り得ると気づいた時のシャルの葛藤が辛い・・・。妖精王としての誇り・使命、そして妖精の未来を考えた時に、その思いがアンへの想いと拮抗していて、悩んで悩んで、それでもどうすることが一番いいのか必死に考えている。アンにもアンの銀砂糖師としての決意があり、でもシャルのことももちろん大切で何物にも代えられない存在だから悩む。悩んで悩んで2人が見つけた答え。そんな二人の切ない想いとか、職人たちの決意とか、もう色んな想いで読んでて胸がいっぱいになる。一体どんな展開になるんだろう。紺の宰相(というか黒い宰相(笑))も何やらきな臭い感じがするし、続きが気になる・・・。

    本編は怒涛のごとく、辛く重い展開な分、番外編のシャルのやりたい放題に癒されました(笑)彼も変わったなぁ~。感慨深いです(笑)甘々なやりとりに背中がむずむずしました。面白かった!

  • 本編でコレット公爵めぇぇーー!!という終わり方をしたあと、おまけを読んで、砂糖吐きました(笑)
    甘っ!おまけ甘っ!!
    に、にやにやしてしまうではないですか!
    シャルがアンを好きすぎる。アンも負けないくらいシャルのこと好きですけど!

    さて、本編。実は潜んでいたらしい伏線が爆発しました。
    銀砂糖がつくれない、その原因は去年の凶作で銀砂糖がおかしくなったから。
    マジで?!
    そんなとこから仕込んでらっしゃいましたか!
    びっくりしたですよ。

    そしてはじまる「最初の砂糖林檎」を巡っての人間王と妖精王のかけひき。
    ここ、すごいハラハラしました。人間王、いい人なのに臆病すぎてコレット公爵に誘導されてます。コレット公爵め!

    ふたりの王の対談を案じて、ふたりの王のためにアンが砂糖菓子シーン、すごいいいです。手の動きやアン、ルル、ヒューの表情が目に浮かぶ様で!
    蔓薔薇、綺麗なんだろうなぁ。
    ルルもヒューもアンのことすごく気にいってますよね。アンには人や妖精を惹きつける魅力があるなぁと思います。

    アンとシャルがそれぞれの望みを考えて動くところも手に汗握りました。人間王が決断してくれてよかった。

    で、コレット公爵。
    不穏です。かなり不穏です。次巻が心配です。
    アンやシャルたちが、ずっと幸せでいられますように…!!

  • 悪役キターッ!!!(AA略) このシリーズは伏線の回収と各キャラの立位置が本当によく考えてあって今回もサブキャラの活躍にほれぼれした。

    前々巻で職人としての勘を失ったアンが「大きな樽にスプーンで一杯ずつ水を入れていく」ように覚えなおした銀砂糖師としての技術、それで再び銀砂糖菓子を作ろうとする場面ともう一つの場面が交互に描かれるクライマックスは胸が一杯になった。

    このシリーズ電子書籍で買ってるおかげで全巻持ち歩いてていつでも読み返せるって幸せ……。これも最初にBOOK☆WALKERさんが1巻をセールで販売してくれたおかげです!

  • 銀砂糖そのものの危機!にプラスして現れた敵らしき宰相。シャルが王としての決断に迫られる一方で、銀砂糖師たちも必死になぞを探る。
    個人的にはミスリルがシャルを王に選ぶところがすき。
    両思いになったのはめでたいけど、ちゅーが多くて照れますね。

  • おまけでシャルがチュッチュチュッチュしてるのが可愛い。
    事態は深刻だけどシャルとアンのイチャイチャがあるからがんばれますw

  • 恋人同士になったのにそこに落ち着かせてもらえない、銀砂糖がなくなるという危機の到来。
    シャルの妖精王としての使命と責任、そして覚悟。アンも覚悟を迫られる。
    砂糖菓子を作る感覚をなくしたアンは、的確に正確に技術を身につけなおしていく。しかし、砂糖菓子を形にするためには、技術だけでなくさらにあるもののように想像すること。
    緊張感を持ちながら読み進めた。

    ヒューがアンに問いかけ、闇雲だったアンの思考をヒューの言葉が道筋をつけ、答える言葉に思考を導く過程が、ああこれは、質問力だ。コーチングだと感じた。
    相手を信じ相手の中にある答えを導き出すことのできる質問力持ちたいなと感じたのは本筋とはまた別の感想

  • 段々、世界というか、国というか、歴史というか、大きなものとの関わりに発展。仕事と愛と、すべてがリンクした充実した人生ですねえ。

  • 妖精王としての義務とアンへの愛情の間で苦悩するシャル。そんなシャルの密かな決意に気付いて、戸惑いながらも必死で支えようとするアン。
    せっかく両想いになれたのに、ちっとも安らげる暇がないじゃないの!
    コレット公爵という一筋縄ではいかなさそうな腹黒宰相は出てくるし。

    アンの双肩には王国の危機までのしかかってきて、ますます大変な展開に。

  • 全巻からはらはらしながら待っていました。
    アンたちがヒューに呼ばれたわけは?
    今後砂糖がしはどうなる?
    ちなみに紺の宰相は嫌いです。

  • 確かにそろそろ、人間側のあくやくが、必要だよね。

    この展開だと、終わりそうな先が、見えてしまって
    少し寂しいな。
    出来ればもう一つくらい何か展開してから、
    進めて欲しかったなと。

    気になるのは、はじめの妖精王と人間王が、
    上手くいかなかった理由。
    今の二人よりも友人関係だった分
    やり易かっただろうに…。
    周りが大変だったのか??

    それこそラファルの出番やね(笑)

全15件中 1 - 10件を表示

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

三川みりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)に関連する談話室の質問

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする